日刊サイゾー トップ > 芸能  > オークションで高値取引も……TBS田中みな実が「食べフェチ」を猛烈に刺激している!

オークションで高値取引も……TBS田中みな実が「食べフェチ」を猛烈に刺激している!

tanakaminami_shokuji.jpgネット上にも田中アナの食事
シーンだけをまとめた掲示板が
ちらほら……。

 狙ってやっているのか、それとも素なのか。TBSの女子アナ、田中みな実の妙な人気が一部で急上昇中だ。

 5月放送の『サンデー・ジャポン』では「やっぱりみな実、ナマが好きぃ~」とビールを飲み、極太ソーセージを「黒~い、太~い、ん~」とパクリ。ちょっと卑猥にも聞こえてしまう発言を平然とこなしてしまうため、男性ファンからの注目度が異様に高くなっているのだ。

 普通の女子アナなら赤面するようなセクハラ的な場面も物怖じせずこなすため業界内でも”エロアナ”、”淫乱要員”などと呼ばれ始める始末。

 TBS関係者によれば「ニューヨーク生まれで性に奔放なところがあって、スタッフがそれを誇張してキャラ設定した」というが、それを本人が躊躇しないところがすごい。

「何を求められているかよく分かっているので、”女性に嫌われるぶりっ子な感じを”とオーダーされたらそれを演じますが、普段は気が利いてスタッフ受けもいい子ですよ。正直、彼女を狙っている局員男性も少なくないと思います」(同関係者)

 ただ、そんな田中アナにはちょっと予想外の方面で熱狂的なファンも生み出している。過日、ネットオークションでは田中アナの”飲食シーン”だけを集めて収録したDVDが出品され、1万8,000円の高値を付けた。もちろん、テレビ動画を無断で販売することは違法な行為で、その後は出品者のIDも削除されていたが、運良く(?)購入できたという30代男性にコンタクトを取ると「女性の食べる姿に萌える飲食フェチの同好サークルがあって、そこの会合で鑑賞する予定」と答えた。

「食べる姿に性的な欲情を覚えるんです。見るだけなら日ごろ、街の中で食事している女性をチラ見すればいいんですが、自分の部屋で一人で見たい欲求があるので、そうなると映像を手に入れるしかないんです。グルメ番組とかたくさん録画してはいますが、食べるシーンって短くてドアップも意外と少ない。田中アナのことはあまり知らなかったんですが、あのエロキャラのおかげで食べる姿が主役として撮られているので、これはもう一生のお宝映像。すっかり彼女のファンです」(購入者男性)

 意外なマニアを熱狂させてしまった田中アナ。今後もその食べっぷりに注目が集まるかも!?
(文=鈴木雅久)

TBSアナウンサーカレンダー 2011.4 → 2012.3

たまんないっ!

amazon_associate_logo.jpg

最終更新:2013/09/11 20:50
こんな記事も読まれています

オークションで高値取引も……TBS田中みな実が「食べフェチ」を猛烈に刺激している!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

アインシュタイン稲田、今後の課題

 今回取り上げるのは“稲ちゃん”こと、アイン...…
写真
インタビュー

姫乃たま×河崎実対談!! ファンも絶句した『シャノワールの復讐』の衝撃

 棒のように生きる男の生き様を描いた『棒の哀しみ』(94)という、神代辰巳監督の晩年...
写真