日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 「あ~勘違い……」タレント化著しい”なでしこジャパン”丸山桂里奈の五輪出場に黄信号!?

「あ~勘違い……」タレント化著しい”なでしこジャパン”丸山桂里奈の五輪出場に黄信号!?

maruyamakarina.jpg丸山桂里奈公式ブログより

 国民栄誉賞まで授与された”なでしこジャパン”ことサッカー日本女子代表の中で、最もタレント性を秘めていると言われるのは、ドイツ戦で値千金の決勝ゴールを決めたFWの丸山桂里奈(28=千葉)だ。2日の巨人戦では始球式に登板。”なでしこ”のビジュアル系として、これまで数多くの番組に出演している。

 そしてついには「Happy Birthday to You」(ビクター)で歌手デビュー。同曲はW杯期間中に丸山がスタッフの誕生日を祝ってアカペラで熱唱したもので、今月3日から配信されている。

 だが、ネット上の評価はイマイチで「これはひどい」「何を勘違いしているんだ」と辛らつな意見が相次いでいる。芸能プロ関係者は「丸山は大手事務所のホリプロがマネジメントしており、メディアへの露出も早くから仕掛けている。CMも数本決まりかけているとか。だが、ことを急ぎすぎたために世間から『勘違いしてきている』と反感の声が上がり始めているのが気掛かりだ」と指摘する。

 しかも、それが”本業”に影響を与えそうな勢いだから、困ったもの。先月24日の「なでしこリーグ公式戦」では、チームの集合時間に遅刻。これに怒った千葉の上村監督は当初スタメンで起用する予定だった丸山を外し、途中出場させた。

 上村監督は「昨日の朝、テレビを見ていたら丸山が出ていた。そうしたら集合時間に遅れてきた。今日の昼まで(丸山と)しゃべりませんでした。せっかく(先発の)ご褒美をやろうと思ってたのに!」と不機嫌そうに吐き捨てたという。

 前出芸能プロ関係者は「丸山はいまタレント活動が楽しくて仕方がないみたい。監督に怒られた日も、試合後は颯爽と次のテレビ出演のため駆け足で会場を去っていった。マネジメントするホリプロは”サッカー第一”としているが、本人にその自覚があるかは正直分かりませんね」と語る。

 ネット上で丸山を検索すると、恋愛のウワサやきわどい画像が出てくる点も気になるところだ。”なでしこジャパン”ではスーパーサブとして確固たる地位を築いている丸山。五輪予選を目前に控え、まずはサッカーのことだけを考えて欲しいものだが……。

ほまれ

澤しか興味ないよ。

amazon_associate_logo.jpg

最終更新:2013/09/11 20:46
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed