日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > 「さらし者!?」TOKIO山口達也の無免許謝罪会見に”天敵”東スポ・週刊女性参戦の裏側

「さらし者!?」TOKIO山口達也の無免許謝罪会見に”天敵”東スポ・週刊女性参戦の裏側

yamagutitatuya0901.jpg涙を誘った”DASH村”会見から一転
……。

 TOKIOの山口達也が先月29日、半年以上も無免許運転を続けていたことが発覚し、東京・日本テレビで謝罪会見を行った。黒のスーツ姿で現れた山口は「深くお詫び申し上げます」と述べ、約3分間も頭を下げ続けた。

 同日はオフで、家族と都内で所用を済ませた山口は帰宅途中、都内の交差点の車線変更禁止区域で右折専用レーンに入ってしまい、警察官に制止され、免許証の提示を求められた。そこで有効期限が切れていることが発覚。初歩的なミスで、言い訳もできない失態だ。

 これにはジャニーズ上層部も激怒。

「車のCMにも起用されていますからね。億単位の違約金を請求される可能性もあるでしょう。運送会社のCMでも山口は不運なことにドライバー役。こちらも打ち切りか撮り直しでしょう」(スポーツ紙記者)

 会見には朝刊スポーツ紙などの御用マスコミのみならず、ジャニーズの天敵とも言える東京スポーツや「週刊女性」(主婦と生活社)の記者とカメラマンも入場を許可された。通常の会見では決してありえないことだ。

 その背景についてテレビ関係者は、「ジャニーズ事務所は所属タレントが法に抵触する行為を犯した場合は『何を書かれても仕方がない』というスタンスなんです。決してジャニーズから声を掛けることはしませんが、会見にNG媒体が来ても渋々取材をOKする傾向にあります。『犯罪行為なのだから報じるのは当然』と言われたら、言い返せないですからね」と説明する。

 事実、一昨年4月に”全裸わいせつ事件”を犯したSMAPの草なぎ剛の謝罪会見の時も東スポや「週刊女性」、「週刊文春」(文藝春秋)、「週刊新潮」(新潮社)など、ジャニーズにとっての”天敵マスコミ”が排除されることはなかった。

「これらはジャニーズ事務所の懐の深さを表していると言えるでしょう。ただ、会見でNG媒体の記者が変な質問をしないように、関係者が目を光らせていましたけどね(笑)。山口さんの件に関しては、プロとは思えない初歩的なミス。会見現場にいたジャニーズの幹部社員も、『これは批判されて当然よ~』と話していました」(スポーツ紙記者)

 山口は事務所の意向で”さらし者”にされたと言ってよさそうだ。

DASH村開拓記―自分たちの村をつくって日本地図にのせよう!!

DASH村が忙しくて、それどころじゃなかったんだよ!

amazon_associate_logo.jpg

最終更新:2013/09/11 17:02
こんな記事も読まれています

「さらし者!?」TOKIO山口達也の無免許謝罪会見に”天敵”東スポ・週刊女性参戦の裏側のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

侍ジャパン世界一の裏に野村克也?

 スポーツ系の情報番組やスポーツニュースは、...…
写真
インタビュー

『カニバ』佐川一政の実弟が激白

 事件は1981年6月11日に起きた。パリに留学中だった佐川一政は、好意を抱いて...
写真