日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 「紳助さんだけじゃなかった!」吉本がひた隠すダウンタウン浜田の”黒いトラブル処理”

「紳助さんだけじゃなかった!」吉本がひた隠すダウンタウン浜田の”黒いトラブル処理”

shugen0917.jpg「週刊現代」9月17日号(講談社)

 暴力団関係者との”黒い交際”を会見で明かし、芸能界を引退した島田紳助さん。

 関係者と交際するきっかけとなったのは10年以上前に自身が司会をつとめた関西ローカルでの発言に対して右翼団体から抗議を受け、トラブル処理を依頼してから続いていたようだが、そのトラブル処理にも関わった山口組元幹部が「週刊現代」(講談社)の9月17日号でお笑いコンビ「ダウンタウン」の浜田雅功のトラブル処理にも関わったことを告白している。

 同誌によると、2000年6月26日に放送された音楽番組『HEY! HEY! HEY!』(フジテレビ系)での浜田の発言に対して、なぜか東京の右翼団体が同局周辺に街宣車で押しかけ浜田の発言を問題にし、約2週間後に騒ぎが収まったというが、トラブル処理にひと役買っていたのが元幹部だった。

 元幹部によると、関係者を通じてトラブル処理の打診があり、「うちの若い衆で右翼に関係していたのがおったから、その人間に『話をつけてくれ』と言うて東京に行かせました。それで騒ぎはピシャっと終わった」というが、もともとトラブル処理の打診をしたのが当時吉本興業の社長だった林裕章氏だったというから驚きだ。

 トラブルを処理したお礼として元幹部は後日、林氏から神戸のクラブに招待されたというが、元幹部は「金はもらってません。(林氏は)手ぶらで来はりました。もちろん、わしは浜ちゃんにも会うてません。会う必要もおませんしね」と当時を振り返った。

 吉本は浜田のトラブル処理について同誌に対し「すでに当人が亡くなっていることもあり、詳しいことがわかりません」とコメントしているが、今回、紳助さんの件が明るみになったとあってはなおさらひた隠しにしたい”黒歴史”だったに違いない。

「林氏は女性問題の処理などを含め、さまざまなトラブル処理を暴力団関係者に頼んでいただけに、浜田の問題も抵抗なくその元幹部に頼んだのだろう。林氏は所属タレントの中でも紳助さんを特にかわいがっていたので、林氏から”教育”されていた紳助さんにとって暴力団関係者との”黒い交際”も引退会見で話していたように『僕の中ではセーフだが』という認識だったのでは」(吉本興業関係者)

12

「紳助さんだけじゃなかった!」吉本がひた隠すダウンタウン浜田の”黒いトラブル処理”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

「眞子さま、結婚宣言」勝者は秋篠宮か小室圭さんか

今週の注目記事・第1位「秋篠宮が覚悟、眞子さ...…
写真
インタビュー

女優・小川紗良、初の長編映画

 2019年、連続テレビ小説『まんぷく』(NHK総合)に出演して以降、『フォローされ...
写真