日刊サイゾー トップ > その他 > サイゾーpremium  > 「生涯保障」は生涯使えない!? テレビが伝えない生命保険の不払いと不始末
大いなる幻想"保険業界"の裏

「生涯保障」は生涯使えない!? テレビが伝えない生命保険の不払いと不始末

【プレミアサイゾーより】

──「一生涯保障」「持病があっても入れます」といったコピーと共に、日々メディアに登場する生命保険のCM。これには巧妙な罠が隠されているという。しかし、その罠について、テレビはおろか、雑誌ですら大スポンサーである生命保険業界におもねって、真実をほとんど伝えようとしない……。

1111_hoken_cm_n.jpg好感度の高いタレントを起用する保険会社のCM。
住友生命では、嵐の相葉雅紀と北川景子を起用し
ている。

 ”保険月”という言葉があるのをご存じだろうか? 大手企業の社員や公務員の方は経験があるだろうが、秋口であるこの季節になると、保険会社のセールスレディが社内に来たり、あるいは知人を介して訪ねてくる、保険会社が売り込みに力を入れる時期のことである。もちろんこの時期には、保険広告を目にする機会も増えているはずだ。

「これは例年、各保険会社が保険商品を拡販しようとキャンペーンを行う時期で、保険に加入する顧客の都合云々というよりは、業界の古い慣習です。この時期になると保険会社のセールスレディの間で集会が開かれ、普段よりはるかに高いノルマを課され、新規開拓のためのアポイントメントを必死で入れることになります」(保険業界関係者)

 とはいえ、ひと昔前と違って、会社の中に営業担当者が堂々と入り込んで、新入社員を見つけるや「社会人になったのだから」と勧誘を始めるという光景はずいぶん減ったようだ。企業がコンプライアンスなどに敏感になっている今、どの会社も外部の人間の立ち入りには厳しくなっていることがその理由だろう。

 それよりも近年は、盛んに放映されるCMや新聞・雑誌広告をきっかけに保険に加入する向きが多いかもしれない。ある外資系保険会社社員によると、「最もCMを大量に流していたのは10年前。ある保険会社では、年間500億円もの広告費をCMにつぎ込んでいたというが、そこから得られた利益は700億円に上り、十分元が取れていた」というから驚きだ。

 だが、耳あたりの良い話に惹かれて保険に加入しても、”いざ”というときに保険金や給付金が支払われない事例が世間を騒がせたことは記憶に新しい。明治安田生命が悪質な不払いを繰り返していたことが発覚し、社会問題となったのは2005年のことである。

 営業マンが契約の際に、加入に有利になるからと病歴などの告知をしないように勧め、虚偽の申告をさせておきながら、保険金支払いの段になると、告知義務違反として支払いを拒否するなどの手法が組織的に行われ、1000件以上、約15億円もの不払いが行われていたというものだ。バブル崩壊以降、保険会社は運用益が保険料の基準となる予定運用率を下回る「逆ざや」を抱えることになり、その結果、このような悪質な不払いにまで手を染めた会社があったのだ。

「明治安田生命の不払いが社会問題になり、行政やマスコミも厳しく糾弾したので、今はさすがにそのような悪質な不払いは見られなくなりました。しかし、CMで、事実と異なる錯覚を起こさせる手法は、いまだに健在。いざ何かが起こったときに、”加入時に想像していたのと違った”といったケースは、今でも頻繁に起こっています」

 こう語るのは、長年生命保険業界で働き、今は個人で保険に関するアドバイスを行なっているファイナンシャルプランナーで、『生命保険の闇』(フォレスト出版)、『やっぱりあぶない、生命保険の選び方』(三五館)などの著書がある藤原龍雄氏。では、保険のCMに今でもはびこる騙しのテクニックについて聞いてみよう。

「『月々3000円で保障は一生涯』といったCMを目にしたことがあると思います。こういう文句を聞くと、何年も入院することになっても、ずっと入院費を保障してくれると思ってしまうのが普通ではないでしょうか。しかし、この場合、確かに保険料は生涯納め続けるのですが、一入院当たりの保障日数は60日や120日など、実は期限が限られているのです。

 また、これは最近少なくなりましたが、『持病があっても、誰でも入れます』とうたった保険が、実は医療保険ではなく傷害保険で、けがには対応するけど病気には支払われない、といったものもありました。こういったことはCMの画面の下のほうに小さい文字で注釈がついていたりするのですが、そんなの、誰も読まないですよね」

 業界関係者は「これは外資系、国内企業問わず、どの保険会社でも同じこと」と言うが、”医師の診断書なしで簡単に入れる保険”にも要注意だ。いざ病気になったときに、保険金や給付金が支払われないケースがあるからだ。

■プレミアサイゾーとは?
雑誌サイゾーのほぼ全記事が、月額525円で読み放題!(バックナンバー含む)

【プレミアにはこんな記事も!】
有名企業現役サラリーマンの本音【1】保険・金融編──キツいノルマに安い給料……客を騙す罪悪感で、社員はもうパンク寸前!?
リスクヘッジが新たなリスクを生む? 地震保険は日本政府が大元 “意外に手厚い”企業向け保険
超エリートとホリエモンの違い ライフネット生命が嫌われないワケ

最終更新:2011/11/18 16:22

「生涯保障」は生涯使えない!? テレビが伝えない生命保険の不払いと不始末のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

変態夫婦の純愛物語『クラッシュ 4K』

 エロスとタナトスが交差する瞬間、人間はかつ...…
写真
インタビュー

瞑想ブームに見る仏教と科学の関係史

 「マインドフルネスをビジネスに活かす」「瞑想で健康になる」といった言葉が当然に...
写真