日刊サイゾー トップ > 芸能  > 「大麻は有益」俳優・窪塚洋介の”師”が大麻所持で逮捕 事務所は無関係を強調も……

「大麻は有益」俳優・窪塚洋介の”師”が大麻所持で逮捕 事務所は無関係を強調も……

t6apcfdf.jpg『地球維新―エンライトメント・スト
ーリー』(明窓出版)は中山容疑者と
窪塚の共著である

 かつて大麻礼賛騒ぎを起こした俳優、窪塚洋介の”師”ともいえる人物が大麻取締法違反の疑いで現行犯逮捕された。

 逮捕されたのは、麻製品製造販売会社の「縄文エネルギー研究所」を経営する中山康直容疑者ら男女7名。中山容疑者は、かねてから中山弥栄(いやさか)塾なる講演会を定期開催し、「大麻は有益なもので違法とする法律の方がおかしい」と主張。窪塚洋介の麻薬愛に火をつけた人物として知られ、共同で本の出版や番組制作したこともあった。

 捜査関係者によると、中山容疑者らは11月29日、伊豆大島の自宅などに乾燥大麻を計490グラムほど、大麻草17本を所持していた疑いだが、逮捕者には大麻賛美の宗教サークル「ヴィジョン オブ ニューアース」代表の荒井唯義容疑者もおり、容疑者らは口々に大麻所持の理由を「日出ずる王島である大島の神棚に供えて日本の伝統を守るため」などと語っているという。

 実際、メンバーの活動を目撃した大島の住民からは「三つ編みの変な髪型に派手な着物姿で狂ったように踊っていたり気持ち悪かった」という声もあったが、捜査関係者は「宗教儀式は大麻パーティーの言い訳ではないか」という見方もしている。

 今回の逮捕で、中山容疑者を兄のように慕っていたとされる窪塚にも注目が集まる。窪塚はかつて、環境問題のイベントで大麻を賛美し関係者を慌てさせた騒動が伝説となっているが、04年6月には横須賀の自宅マンション9階から不自然な形で転落。「このときの記憶がまったくない」と話したことから、ドラッグ使用説も飛び交った。その後、大麻を礼賛する傾向も垣間見られるレゲエのジャンルに傾倒し、歌手活動も開始している。

 過去、窪塚が参加した大麻関連のイベントに関わったことがある出版関係者によると「窪塚さんは”大麻に麻薬と定義する要素は何もなく、紙やガソリンになるので合法にすべき”というような主張をしていました。その場に中山容疑者もいたと記憶しますが、私には大麻を常用する連中が、仲間を募ったり金を稼ぐために有名人を広告塔にしているように見えた」という。

 窪塚本人も08年に週刊誌で大麻パーティーへの参加疑惑を報じられたこともあり、記者の直撃には「奇声を発しながら立ち去った」とまで書かれている。

 中山容疑者の主催する講演の関係者を取材したところ、「所持していた量から考えても、みんなすぐに釈放されるのではないか。来年1月28日の講演も予定通り開催する方向で、できれば窪塚さんに来てもらえるようお願いしたい」と、まるで援軍を要請するようにして話した。

 今回の逮捕について当の窪塚に見解を求めたいところだが、所属事務所の関係者は「まったく関係のないこと」と一蹴。本人の回答は得られなかった。
(文=鈴木雅久)

地球維新―エンライトメント・ストーリー

昔のことってこと?

amazon_associate_logo.jpg

最終更新:2013/09/10 12:50

「大麻は有益」俳優・窪塚洋介の”師”が大麻所持で逮捕 事務所は無関係を強調も……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

テレビ不要時代の「TVerドラマ人気ランキング」

日刊サイゾー独自の「TVerドラマ人気ランキング」で人気ドラマをチェック!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

勢いと笑いのセンスをこなす

 連載の作品選びを自由にさせて頂いてから、人...…
写真
インタビュー

ハイロー監督に聞くLDHエンタメの真髄

K-POP、2.5次元、タピオカ、韓国ドラマ...…
写真