日刊サイゾー トップ > カルチャー  > 「バブル再び!?」”ジリ貧”Jリーグにビッグネーム移籍報道続々の裏事情

「バブル再び!?」”ジリ貧”Jリーグにビッグネーム移籍報道続々の裏事情

jsoccer.jpgJリーグ公式サイトより

 ここのところ、大物外国人サッカー選手のJリーグ移籍のウワサが取り沙汰されている。元スペイン代表のグティ(ベジクタシュ=トルコ・退団)や元イタリア代表のフィリッポ・インザーギ(ACミラン=イタリア)、そして極めつけは日本でも絶大な人気を誇るあのアレッサンドロ・デル・ピエーロ(ユヴェントス=イタリア)が来期からJでプレーする可能性があるというのだ。大物外国人の獲得が久しくなかったJ各クラブだが、今期からは元スウェーデン代表のフレドリック・ユングベリが清水エスパルスでプレーしているだけに、いやが応にも期待が高まる。果たして真偽のほどは?

「グティはアジアのどこかの国でプレーすると明言していますし、インザーギは日本やアメリカ、UAE、デル・ピエーロはアメリカや日本でプレーする可能性があると現地では報じられています。従って、まったく可能性がないわけではないと思いますが、資金力が豊富な中東や中国のクラブ、サッカー後進国であるものの国そのものに魅力があるアメリカのクラブとの競合になるので、これといった魅力に欠けるJクラブが獲得しようとするなら競争はし烈になるでしょうね」(サッカー専門誌編集者)

 かつて、Jリーグ草創期には神様・ジーコをはじめ、レオナルドやドゥンガ、ピエール・リトバルスキー、ドラガン・ストイコビッチといった名選手たちがその妙技でリーグに華を添えた。もっとも、元イングランド代表のガリー・リネカーのように高年俸に見合わない使い物にならなかった大物選手もいたが、「年金リーグ」と揶揄されながらも現在よりも当時のほうが圧倒的に活況を呈していた。特に近年は地上波による試合中継もほとんどなく、一般のスポーツファンからすればJは代表人気に隠れ、ジリ貧の印象しか受けないのも事実。デル・ピエーロらが日本にやって来れば、日本サッカーが盛り上がることは間違いないところだが、果たして、本当に彼らがJのようなマイナーリーグでプレーするのか。

「いやいや、今のJリーグはコアなサッカーファンや地域のファンがついていて、観客動員数もそれなりに安定しているので、それほど悪い状況ではないんです。かといって、いいわけでもないのですが(苦笑)。ただ、各クラブとも身の丈に合った経営に徹して選手獲得では冒険をしないので、新たなファンを取り込むような魅力に欠けるのも事実。しかし、デル・ピエーロとグティは移籍金が発生しないし、インザーギも高齢のために契約金も小額。それだけに、Jクラブにはぜひ獲得にチャレンジしてほしい。それにこの3人はイケメンなので(笑)、Jにやって来れば女性ファンの獲得も期待できそう。特に、デル・ピエーロは都内のイタリア料理店のオーナーだったことがあるほどの親日家だし、インザーギやグティも自身が日本で人気があることを十分に承知しています」(同)

 かつて、欧州のサッカー選手は極東の小国でプレーしていると本国で忘れられてしまうと、Jへの移籍に抵抗感を抱いていたというが、近年は日本代表が4大会連続でW杯出場を果たし、香川真司(ドルトムント)や長谷部誠(ウォルフスブルク)らの独ブンデスリーガ移籍組の活躍などもあって、日本サッカーのステータスも向上しているという。それだけにデル・ピエーロらには最後の花道を日本で飾ってもらいたいもの。Jリーグバブル再び、となるか?
(文=牧隆文)

J.LEAGUE YEARBOOK〈2011〉

2012年はどうなるの?

amazon_associate_logo.jpg

最終更新:2013/09/10 12:38
ページ上部へ戻る
トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【4月開始の春ドラマ】放送日、視聴率・裏事情・忖度なしレビュー!

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『光る君へ』藤原三兄弟の“本当の仲”

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
イチオシ記事

バナナマン・設楽が語った「売れ方」の話

 ウエストランド・井口浩之ととろサーモン・久保田かずのぶというお笑い界きっての毒舌芸人2人によるトーク番組『耳の穴かっぽじって聞け!』(テレビ朝日...…
写真