日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > ジャニーズ後継問題がついに決着!? ”帝国”の将来を担う女傑の戦いの勝者は……

ジャニーズ後継問題がついに決着!? ”帝国”の将来を担う女傑の戦いの勝者は……

1201_kimutaku.jpgキムタク神話の崩壊が、ジャニーズ帝国
崩壊の序章に……。

 業界内で注目を集めていた”ジャニーズ帝国”の後継者争いに、近々決着がつくという情報が流れている。

「ジャニーズ事務所社長のジャニー喜多川氏は80歳。実姉で副社長のメリー喜多川氏も85歳です。2人が元気なうちに次期トップを決めないといけないわけですが、これまで後継者と目されてきたのは、メリー氏の実娘の藤島ジュリー景子氏と、SMAPのチーフマネージャーの飯島三智氏。女性2人がシノギを削ってきましたが、ここにきて、ジュリー氏が次期社長になることが決定したというんです」

 こう語るのは、ジャニーズの内情に詳しい音楽プロモーター。さらに、ジャニーズと親しいスポーツ紙記者も「すでにジャニーズは取締役広報部長の白波瀬傑氏を中心に、ジュリー体制に向け動いてます」と言う。

 1960年代半ばに創業したジャニーズ事務所は、ご存じの通り、ジャニー氏とメリー氏の二人三脚で今日までの発展を支えてきたが、近年は後継者問題がささやかれてきた。

「実質トップであるメリー氏はそもそも、ジュリー氏と、後輩タレントたちに人望がある少年隊の東山紀之を結婚させて、2人に事務所を継がせると言っていたんです。そのために、ジュリー氏を傘下のレコード会社『ジャニーズ・エンタテイメント』の初代社長にして、元ビクターレコードで近藤真彦のディレクターだった小杉理宇造氏を教育係として同社に迎え入れて、”帝王学”を学ばせました」(大手プロ幹部)

 ところが、東山はジュリー氏に見向きもせず、2人の結婚話は自然消滅。そうした中で、にわかに後継者候補に挙がってきていたのが飯島氏。SMAPをスターにした手腕は誰もが認めるところで、業界内での人望も厚く、メンバー出演ドラマや映画の企画、脚本にまで口を出すプロデュース力、マネジメント力は、どちらもジュリー氏に大きく勝るという評判だったのだ。

「お嬢様のジュリー氏と、叩き上げの飯島氏。外部からのウケは、お高く止まっていない飯島氏のほうがよく、”飯島社長待望論”も出ているほどでした」(元TBSのプロデューサー)

 ところが、09年に草なぎ剛が公然わいせつ罪で逮捕され、飯島氏の監督責任が問われた頃から、ミソがついてしまった。時を同じくしてSMAPの人気凋落が叫ばれ、飯島氏自身が企画に参加した香取慎吾主演映画『座頭市 THE LAST』や『こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE』は成功とは程遠い状況となった。そして、飯島氏肝いりの木村拓哉主演のドラマ『南極大陸』(TBS)も苦戦……SMAP神話崩壊や、飯島氏の神通力の低下もささやかれるようになった。

 そもそもは、ジュリー氏が社長を継承するのが既定路線ともいわれた中で、飯島氏の力も衰えていた今年、メリー氏は一気にジュリー氏を後継者にすべく動きだしたという。

「ジャニー氏が昨年9月、ギネス・ワールド・レコーズから『最も多くのコンサートをプロデュースした人物』などに認定されましたが、あれはメリー氏が根回しして、ジャニー氏に引退の花道を作ったといわれています。メリー氏が、SMAP専任だった飯島氏に、Kis-My-Ft2やジャニーズJr.の面倒も見させるようになったのも、新体制への布石でしょう」(前出の音楽プロモーター)

 ジャニー氏は、”最後のプロデュースグループ”となるであろうSexy Zoneが、デビューシングルのオリコンランキングで無事初登場1位を獲得し、思い残すことなく引退できると安堵しているとか。しかし、前述のように、ジュリー氏の業界内の評価はイマイチ。ジャニーズ大好きの本誌としては、「この継承こそが、ジャニーズ帝国崩壊の始まり」と評する大手芸能プロ幹部の声が杞憂であることを祈りたい。
(文=編集部/「プレミアサイゾー」より)

■プレミアサイゾーとは?
雑誌「サイゾー」
のほぼ全記事が、月額525円読み放題!
(バックナンバー含む)
1lineimg.jpg

南極大陸 DVD-BOX

売り上げも寒そう。

amazon_associate_logo.jpg

最終更新:2013/09/09 19:24

ジャニーズ後継問題がついに決着!? ”帝国”の将来を担う女傑の戦いの勝者は……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

注目のバディムービー2本レビュー

 ひとりでは事件は何も起きないが、価値観...…
写真
インタビュー

西寺郷太が提唱!ノートの書き方

NONA REEVESのソングライター、ボーカリストとして活躍するだけでなく、マイケル・...
写真