日刊サイゾー トップ > インタビュー  > 「”気持ち悪い”って言われるのは大歓迎」ゴールデンボンバー・樽美酒はサービス精神旺盛?

「”気持ち悪い”って言われるのは大歓迎」ゴールデンボンバー・樽美酒はサービス精神旺盛?

dalmain.jpg

 ただいま音楽業界を席巻中のヴィジュアル系エアバンド・ゴールデンボンバー。代表曲「女々しくて」はニコニコ動画をきっかけに盛り上がり、今では「カラオケで盛り上がる曲」の定番になりつつある。1月4日発売のアルバム『ゴールデン・アルバム』(Zany Zap)はオリコン週間チャート初登場2位を記録し、『笑っていいとも!』(フジテレビ系)や年末の『CDTVスペシャル!年越しプレミアライブ2011⇒2012』(TBS系)にも出演し、話題を呼んだ。いまや飛ぶ鳥を落とす勢いのゴールデンボンバー。そんな中でも異様な存在感を発揮する白塗り男の樽美酒研二(だるびっしゅ・けんじ)が、このたびブログ本を上梓するとのこと。激動の1年を終えた彼に話を聞いた。

――『ベスト オブ オバマブログ』(扶桑社)出版おめでとうございます! 樽美酒研二さんといえば、いま一番勢いのあるヴィジュアル系エアバンド「ゴールデンボンバー」のメンバーですが、バンドにおいてはどういったポジションなんですか?

樽美酒研二(以下、樽美酒) あっ、まだ正式じゃなくて暫定メンバーなんですけど……ゴールデンボンバー・ドラムの樽美酒研二と申します。エアバンドですので、まったく叩いてないですし、ドラムにも興味がございません! これからも練習して上手くなろうという気もサラサラありません!(キッパリ)

――じゃあライブ中は何してるんですか?

樽美酒 曲のカラオケが入っているiPodを再生する……これは僕らの心臓部分なんですね、エアーバンドですから。僕が基本的に再生してるんですけど、緊張がゆえに手が震えてうまく再生できないこともありまして。それをいかにうまく再生できるか、そこに非常にこだわってます! しかもですね、汗で反応が悪くなるから、シッカリ拭いとかないといけないんですよ!(衣装で指を拭きながら)

――衣装といえば、樽美酒さんはブログでもステージでも、スグ脱ぐというか……何かとよく裸になってますよね。それも何かのこだわりなんでしょうか?

樽美酒 僕としては、もう衣装は着たくないんですよ! 本当は素っ裸でやりたいんですけど、世の中が許してくれなくて……。事務所から必死に押さえられているのが現状です。昔はもっと自由だったじゃないですか。僕が子どもの頃なんか、夜中のテレビにお姉ちゃんのおっぱいとか普通に出てましたし、男の芸人さんも裸で暴れてた。それを見てゲラゲラ笑ってた気がするんですよね。それで「裸は面白い」と洗脳されて、そのまま大人になっちゃったんです。一種の病気ですね(笑)。

――アメーバブログに裸の画像を載せて、運営側から削除されることもあると聞きました。

樽美酒 そうなんですよ! あんまり売れてなかった頃は、消されたりすることはなかったんですよね。それが最近はバンバン消されるようになってしまって。完全に僕が悪いんですけど、監視の目をいかにかいくぐって載せられるか、モザイクをかけたりして戦っています。戦ってるというか、僕が勝手にアメーバさんに挑戦を挑んでいるような形になってしまってるんですけど。アメーバさんは何も悪くないです。でも、僕から裸をとったら何も残んないですよ!

――裸以外にも相当いろんなネタを仕込んでますよね。その中でも辛かったことというと、思い出すことは何がありますか?

樽美酒 ネタで、「便器に頭をつっこむ」というテイで写真を撮ろうとしたんですけど、そのまま頭をつっこんだらものすごく痛くて、結局ヘルメットを被って撮ったんですよね。これを読んでいる皆さんも、便器に頭をつっこむ際は必ずヘルメットを被ってほしいと思いますね! 危険です!

dalsub.jpg

 基本的に、寒いとか痛いとか、いろんな無茶はしてますけど、人って他人が苦しんでる姿を見るのが好きなモンじゃないですか。だから僕が苦しむ側になってやろうじゃないかと。サービス精神的な。だから、キツいことこそ僕的には頑張れるというか(スポーツマンのような笑顔で)。

――でも、アルバイトをクビになったとかルームシェアを解消されるという事件は、ご本人的には全然笑えないと思うんですけど……。

樽美酒 あー! あれはメチャメチャ辛かったですよ。ちょうどゴールデンボンバーが忙しくなってきた頃で、パチンコ屋のアルバイトが週に1回しか入れなくて、月に4万5000円くらいしかそっちで稼げなかったんですよ。その頃の家賃が4万円だったからギリギリ生きてる状態だったのが、バイト先から突然呼び出されて「来月からもう来なくていいから」と言い渡されて……。「週1シフトじゃ、いられたほうが逆に迷惑だ」みたいな感じで。

 そのときはさすがにもうどうしようかなと思いましたよ。バンドも辞めようかと。「こんな思いまでしてやるモンなのかな……」って……ホームレスも覚悟しましたからね。そのくらい辛かったです。いっそ実家に帰ろうにも、僕は九州出身なので、旅費がなくて帰るに帰れないという(苦笑)。半年くらい自販機でジュースを買えないくらい貧乏でした。しかも当時もう28歳くらいですからね。あのクビ宣告はショックでしたね。ちょっと恨んでます、今でも(笑)。

――ですが、その後、無事ゴールデンボンバーはブレイクし、ブログの書籍化も決まって、順風満帆じゃないですか。

樽美酒 書籍化は前からオファーはいただいていたんですけど、本にするまでの自信がなかったというか、自分では「どうせ売れないだろう」って感じで断ってたんですよね。「無理です無理ですー!」って。だけどある日、友達から「本は儲かるぞ!」って話を聞いて。売れれば億万長者か……お金が儲かるなら出そうかなぁ、と(笑)。世の中、金ですよ。お金ですね! 僕はギャンブルも好きなので、もし今後バンドが終わったときは儲けたお金をギャンブルにつぎ込みたいです! パチンコ、スロット、競馬、競艇……。

――ほぼオールジャンルじゃないですか!(笑) 売るための戦略なのか、今回のブログ本は、普段の白塗りから綾波コス、ナルシストヴィジュアル系、某AKB48メンバー写真集風など、撮り下ろしの写真も満載ですね。

樽美酒 今までいろいろなキャラクターをやってきて、ファンの間で人気のあるものばかりなので……。その中では、「ムックー」がすごく気に入ってます。撮影中も担当の編集さんから「気持ち悪い! 気持ち悪い!」と大絶賛されました!

 ホント「気持ち悪い」って言われるのは大歓迎です! 最高の褒め言葉です。昔はよく白塗りのままで電車乗ってたんですけど、電車はビックリされますねぇ、そして遠くから「カシャッ」って音がするんですよねぇ(笑)。「あー、撮ったな、今」って(笑)。それで僕は注目を浴びることができてるって思えるので、逆にありがたいですね。このメイクしたまんま吉野家に入ったりしますよ。店員さんも面と向かって注文受けてるときは平常心を保ってるんですけど、厨房の奥に入っていくとチラチラ見てたりして。

 さすがに最近は白塗りで街中を歩くというのはなくなりましたけどね。昔はこのメイクでバイクに乗って帰ってたりもしてました。一回それで警察の検問に捕まったことがあって、普通に通過しようとしたら、警察の人が「うぉーい! ちょっと待って!」ってなって(笑)。「こういうバンドやってるんです」と、このブログを見せて、納得してもらったんですけど。

――ブログが役に立ったと。警察官以外で(笑)、今回の本を読んでほしい人は?

樽美酒 インターネットの世の中になってきてるじゃないですか。僕の実家は貧乏で、インターネットをするとお金がかかるっていうのがずっと脳裏に焼き付いてるんですよ。で、今でもそういう人って実はいっぱいいると思うんです。そういう人たちに、ネットをしなくても980円で楽しんでもらえるといいかなと。むしろ、今までずっとブログを読んでくれてる人たちには申し訳ないってのはあります……もちろん撮り下ろしとかの新企画もあるんですけど。 

 それと、僕の親が、すごく僕のグッズを買うんですよね。なんでかって、僕がバンドの中で一番人気がないってわかってるから(苦笑)。「研二を少しでも助けるために、協力してやろうじゃないか、グッズを買ってやろうじゃないか」って。今回の本も、ウチのお母さんがひとりで10冊予約してるんですよ。だからそういう負担をなくせるように、この本を売りたいですね……。ホント親には心配をかけてますねぇ。「(裸になって)捕まるんじゃないのか」みたいな心配もしてますし(笑)。「どうせオマエは2~3年したらバンドもなくなるだろうし……」って言うんですよ。そこを「大丈夫だ、心配すんな」と言えるようにしたいですね。

 だから、今回サイン会も全国でやるんですけど、みなさん同情してサイン会に来てください! より多くの方に来てもらって、「人気があるんだぞ」と親を安心させたいです!

 ゴールデンボンバーも春からツアーが始まります。今までは会場の規模の問題でチケットがすぐ売り切れちゃうことが多かったんですが、今回は広い会場ばかりなので大丈夫かなと。ぜひとも皆さん遊びにきてください! 
(取材・構成=藤谷千明/写真=堀哲平)

だるびっしゅ・けんじ
1980年11月28日、福岡県生まれ。09年春より、ヴィジュアル系エアバンド・ゴールデンボンバーの三代目ドラム(暫定)。主にバンド内の仕事としては、白塗りでドラムのポジションで踊りつつiPodを再生すること。愛用しているドラムスティックは発泡スチロール製。ゴールデンボンバーオフィシャルサイト<http://sound.jp/g_b/

ベスト オブ オバマブログ
著/樽美酒研二 発行/扶桑社 価格/980円(税込) 発行日/発売中
大ブレイク中のエアバンド、ゴールデンボンバーのドラム・樽美酒研二のブログを書籍化。厳選記事のほか、豪華撮りおろしグラビアや「研二de福笑い」など、追加企画も満載。現在、アメーバブログ「V系ランキング」で1位を独走中のブログをまとめた1冊、ファンでなくとも楽しめるはず。
※サイン会情報はこちら。<http://sound.jp/g_b/kokuti.html#instore>
amazon_associate_logo.jpg

最終更新:2013/09/09 17:13

「”気持ち悪い”って言われるのは大歓迎」ゴールデンボンバー・樽美酒はサービス精神旺盛?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

ビル・バーが訴える “ウォークカルチャー”の危うさ

 今回も10月10日放送された人気番組『サタ...…
写真
インタビュー

“移民”問題のウソとホント

 2013年にアメリカ国務省から「人身売買と戦うヒーロー」として表彰された、外国人労...
写真