日刊サイゾー トップ > カルチャー  > 主役はアニキか納豆か? 水木一郎が納豆づくしになっちゃうDVD『頑張れ!!  納父さん』
ネバネバだZ!

主役はアニキか納豆か? 水木一郎が納豆づくしになっちゃうDVD『頑張れ!!  納父さん』

nattosan.jpgアニキ、納父さん食っちゃってますよ!

 背広にネクタイを身にまとった納豆のキャラクター「納父さん」のDVD『頑張れ!!  納父さん』(TCエンタテインメント)が発売された。この納父さん、普段は冴えないサラリーマンだが、夢の中では地球を守るヒーローに変身するらしい。

 だが、DVDのジャケットを見ると、主役のはずの納父さんの影は薄く、なぜか主題歌を歌う水木一郎が大々的にフィーチャーされている。

 いざ再生してみると、アニメ主題歌っぽさ全開の「ヒーローはNever ねば Give Up!」(歌:水木一郎)に合わせ、納父さんが悪役と戦うロボットヒーローアニメさながらのオープニング映像が流れた。

 本編への期待が高まる中、「チャレンジ! 納豆クッキングだZ!」という水木のシャウトとともに始まったのは、なぜか料理番組。もちろんアニメではなく、水木本人が出演する実写映像だ。ここでは、水木が居酒屋のシェフに教わりつつ、納豆を使ったレシピにチャレンジするようだ。納豆ピザ、納豆シューマイ、納豆ちらしなどを作る合間も、水木は「ネバネバだZ!」「発酵、発酵だZ!」と常時ハイテンション。一方、引きつり気味の表情で調子を合わせるシェフ。彼らのまるで噛み合ってないテンションが見どころだ。

natto02.jpg(上)冴えないサラリーマンの納父さん。
(下)夢の中でヒーローに変身した
納父さん。夢なので、理想の
スリム体型になっている。

 納豆クッキングのコーナーが終わると、「水木一郎 納豆大使任命式で熱唱!」「水木一郎チャリティーライブ in 石巻」とイベントでの模様が流れ始めた。「Z(ゼェエーット!)」のシャウトとともに”納豆大使任命式”に登場した水木。”納豆大使”に任命され、壇上で納豆愛をスピーチする水木。”ミス納豆”という謎のキャンギャルとともに納豆を混ぜる水木。石巻市の会場で歌う水木。

 肝心の納父さんのアニメがまるっきり始まらないまま、ラストチャプターに入ってしまった。最後は、子どもたちが元気いっぱいに踊る「みんなでおどろう なっとうさんダンス」のコーナーだ。最後に子どものダンスコーナーを持ってくるあたり、納父さんのアニメを1話も収録しなかった失態を愛くるしさでごまかそうとしているのだろうか。そんな筆者のひねくれた邪推をよそに、子どもたちは、水木の歌「ヒーローはNever ねば Give Up!」に合わせて腕をグルグル回し、「粘りだZ!」と力いっぱい決めポーズ。いいね、君たちは無邪気で。

 結局、納父さんのアニメらしいアニメはオープニングパートのみで、そこから先は水木一郎による各地での納豆絡みのイベント映像ばかりが詰め込まれていたこのDVD。納父さんは一体どこへ……?

nattosan03.jpgこれはオープニングテーマ映像で一瞬だけ
流れる画像。右が、納父さんとイイ仲の
“イソフラガール”。その正体は納父さん
の娘。

 すっかり肩すかしを食らった気分で公式HPを調べてみると、どうやらこのDVD、全国納豆協同組合連合会公認ソング「ヒーローはNever ねば Give Up!」のアニメーションPVだったようだ。つまり、納父さんはおまけ。ただ、主人公の納父さんのほか、悪役やヒロインまで、いずれもしっかりキャラクター設定が決められているようで、設定によると、納父さんはイソフラ・フーズ株式会社の総務部部長。美人の妻と高校生の娘がいるが、家族とは会話がなく、特に娘には話しかけようとすると睨まれるほど毛嫌いされている。だが、納父さんがヒーロー化した夢の中では、なんと娘と恋仲に発展しているのだとか。

 何その、アブない設定! こんなにいい設定がありながら、DVDにアニメが1話も収録されていないだなんて、キャラクター設定の持ちぐされだZ!
(文=朝井麻由美)

頑張れ!!納父さん

発売元・販売元:TCエンタテインメント
価格:1,890(税込)

amazon_associate_logo.jpg

最終更新:2013/09/09 17:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed