日刊サイゾー トップ > 芸能  > 『水戸黄門』の後釜ドラマが視聴率急落……1社提供のパナソニックが大迷走中!?

『水戸黄門』の後釜ドラマが視聴率急落……1社提供のパナソニックが大迷走中!?

sfs0215.jpgパナソニック ドラマシアター『ステップファザー・ステップ』TBS

 ”ドラマのTBS”で、あの『水戸黄門』のあとを受け継いで始まった上川隆也主演の『ステップファザー・ステップ』が低視聴率に苦しんでいる。

「初回がギリギリ2桁の10.4%で、現在は6%台まで落ちてしまいました。これには、広告1社提供のパナソニックも、『水戸黄門を終わらせた意味がない!』とカンカンだそうです」(広告代理店関係者)

 それもそのはず、パナソニックは、今月上旬に2012年度の決算予想を発表したのだが、赤字額が昨年10月時点に予想した4,200億円から7,000億円を超える規模に膨らむ見込みで、02年3月期の4,277億円を上回り過去最悪となるというのだ。

「そんなときに、視聴率の悪い番組に1社提供するのはどうなんだっていう意見が社内でも出てますよ。まだ『水戸黄門』のほうが年配の方に喜ばれてた分、よかった気がします」(パナソニック関係者)

 そのような意見もある中、同社はまたしても不可思議な決定を下した。

「7月クールでオンエアされる、東野圭吾原作の『浪花少年探偵団』の1話延長をすでに決めてしまったんです」(テレビ局関係者)

 現時点では、まだ4月クールの作品も発表されていないのだが……。

「7月クールは役者の都合ですでに1話を撮影しており、それを見た同社の幹部が『豪華キャストだし、面白い! 1話延長にしよう』と決めてしまったんです。豪華キャストといっても、主演が多部未華子で、松坂慶子やまえだまえだなど、そこまで”豪華”といっていいドラマじゃないですし、昨年の『南極大陸』もそうですが、キャストだけで数字が取れる時代ではないのに、同社はまだその感覚が残ってるんでしょうかね。だとしたら、赤字額が膨らむのも分かる気がしますね」(前同)

 パナソニックの株主は何を思うのか……。

水戸黄門DVD-BOX 第一部

いっそ初期から見直そう。

amazon_associate_logo.jpg

最終更新:2013/09/09 15:54
こんな記事も読まれています

『水戸黄門』の後釜ドラマが視聴率急落……1社提供のパナソニックが大迷走中!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

錦戸亮の電撃退所でジャニタレ大量離脱危機!

かねてから退所がウワサされていた錦戸。中居、長瀬がこれに続く!?
写真
人気連載

本場フィンランドの新しいサウナ道

かつてないサウナブームの中、サウナ道こと“サ...…
写真
インタビュー

2018年の日本映画を英国人Pが語る

 是枝裕和監督、安藤サクラ主演作『万引き家族』はカンヌ映画祭パルムドールを受賞、国内...
写真