日刊サイゾー トップ > インタビュー  > 「すべては新喜劇のため」座長・小籔千豊 初の主演映画で”アホらしくなった”ものって?
『FLY! ~平凡なキセキ~』公開インタビュー

「すべては新喜劇のため」座長・小籔千豊 初の主演映画で”アホらしくなった”ものって?

kouyabu_fly18s.jpg

 3月10日、吉本新喜劇の座長を務める小籔千豊の初主演映画『FLY! ~平凡なキセキ~』が公開される。小籔が演じる主役の平野満男は、大阪の町工場に勤める内気な青年。工場の事務員でシングルマザーの高崎ななみ(相武紗季)に密かに思いを寄せる彼は、あるとき地球に不時着したさえない宇宙人・シカタ(温水洋一)に出会い、彼と同居することになる。大阪の街を舞台にした友情と恋がテーマの物語。主演を果たした小籔に話を聞いてみた。

――今回の映画で主役に抜擢されたときのお気持ちはいかがでしたか?

小籔千豊(以下、小籔) 「ホンマに僕でええんかな?」という戸惑いがありましたね。僕は新喜劇で座長をやってますけど、演技にまったく自信もないですし。それでまた、周りのキャストを見たらえげつないぐらい強烈な人たちですから。光栄なんですけど、荷が重いんじゃないかなと思ってましたね。

――役作りのために何かやったことはありますか?

小籔 主役の満男に自分を重ね合わせて「相武紗季さんぐらいかわいい人に恋したらどういう気分なんやろうな?」って考えたりはしてましたね。カメラが止まってるときでも、気持ち悪がられへん程度に相武さんとか本仮屋(ユイカ)さんの顔をずっと見ながら「こんなきれいな人が言い寄ってきたらどうなんやろ?」って思ったりはしてました。周りからは「大阪の芸人が東京のきれいな女優さんをじっと見てて、めっちゃ調子乗ってるやん」って思われてたかもしれないんですけど(笑)。僕としては一応、真面目にイメトレとしてふたりを見つめていたんです。

kouyabu_fly06s.jpg

――相武さん以外にも、温水洋一さん、大杉漣さんなど、豪華な俳優陣と共演されていましたね。

小籔 そうですね。相武さんと演技をさせていただいて、それまではテレビ見てて「かわいい人やなあ」ぐらいにしか思ってなかったんですけど、じかで見たらやっぱりプロの女優さんなので、演技力ヤバいですからね。例えば、阪神が弱いときにピッチャーが打たれたら、うちの父親とかが「こんなんやったら俺が投げたほうが抑えられるわ」とか、酒飲みながら言うわけですよ。テレビ見てる間は好き勝手言えるんですけど、実際そのピッチャーが父親が入ってる草野球チームに来たら、たぶん完全試合になると思うんですよね(笑)。テレビで見てるのとじかで見るのとはすごさが全然違う。もちろん頭ではわかってたことなんですけど、それを超えて皆さん素晴らしい役者さんばっかりだったんで、勉強になりました。それで刺激を受けて、僕はお笑いを頑張ろうと思いましたね。自分の本業をちゃんとしないと、この人らみたいに格好良くなれないな、と。

――最近は東京のテレビ番組でも小籔さんの姿をお見かけする機会が増えてきましたが、新喜劇の座長としてはやっぱり大阪がご自分のホームグラウンドだという意識があるんでしょうか?

小籔 そうですね、僕は新喜劇の広報担当やと勝手に思ってるんです。東京のテレビに出て、僕が「新喜劇出てます」って言うことで新喜劇を広く知ってもらって、東京の方が大阪に遊びに来た際に「新喜劇って聞いたことあるな、ほな行ってみようか」ってなればいいかなと。大阪のテレビに出るときも考え方は同じで、結局は新喜劇につながればいいなあと思ってますね。

――この映画はどういう人に見てもらいたいですか?

小籔 モテへん人とか一歩踏み出されへんような人が、僕のことを自分やと思って見ていただいたら面白い映画なのかなと思いますね。普段からルーティンで毎日を過ごしてしまって、変わらないとアカンなと思ってるけど、勇気が出なくて変わられへんっていう人が結構いると思うんですよ。そういう人がこれを見て、自分も一歩踏み出してみようとか思っていただけたらいいですね。僕も、相武さんと本仮屋さんのおふたり人と共演したおかげで、半分病気だったキャバクラ通いをやめることができました。こんなきれいな人たちと仕事場でタダでしゃべれるのに、なんで俺こんな不細工な人たちに金払わなアカンねんと思ってたら、アホらしくなってきて。僕をキャバクラ通いから”FLY”させてくれたのがこの映画です(笑)。
(取材・文=ラリー遠田/撮影=長谷英史)

fly.jpg
●『FLY!~平凡なキセキ~』
監督:近藤真広 出演:小籔千豊、相武紗季、温水洋一ほか
3月10日(土)よりシネマート新宿、シネマート六本木、シネマート心斎橋、コロナシネマワールド他にて全国公開
(c)朝日放送/吉本興業
配給:株式会社よしもとクリエイティブ・エージェンシー

兵動・小籔のおしゃべり一本勝負 其の四

おしゃべり大好き。

amazon_associate_logo.jpg

最終更新:2013/09/09 12:20

「すべては新喜劇のため」座長・小籔千豊 初の主演映画で”アホらしくなった”ものって?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

齋藤飛鳥、伊藤沙莉に完敗!

 女優・伊藤沙莉が、放送批評懇談会が選定する...…
写真
インタビュー

アンタッチャブル柴田が語る漫才

 お笑い第7世代と呼ばれる若手芸人たちが次々と登場する今、「ブレイク前夜」の闇の中に...
写真