日刊サイゾー トップ > カルチャー  > 話題沸騰中『アキバレンジャー』

豪華スタッフ陣が本気でおふざけ!? 話題沸騰中『非公認戦隊アキバレンジャー』

akibarenja.jpg『非公認戦隊アキバレンジャー』公式サイトより

 「ヒドい」「バカだ」「病気だ」「痛い」「ズルい」「卑怯だ」……などなど、およそ正義の味方とは思えない賛辞の言葉が与えられている特撮ヒーロー作品が、今エッジな特撮ファンの間で話題となっている。

 その名は『非公認戦隊アキバレンジャー』(BS朝日・TOKYO MX)。

 本作は36年という長大な歴史を持つ「スーパー戦隊シリーズ」初となる、「非公認」扱いの特撮ヒーロー作品なのだ。

 主人公は、スーパー戦隊に憧れるイタい29歳・赤木信夫(和田正人)ことアキバレッド。総合格闘技をたしなむツンデレ少女・青柳美月(日南響子)ことアキバブルー。ボーイズラブとスーパー戦隊を愛するコスプレ少女(本当は20代のOL)・萌黄ゆめりあ(荻野可鈴)ことアキバイエローの3人。彼ら『アキバレンジャー』は、自らの活躍を東映に認められて日曜朝に放送してもらうために、秋葉原を狙う悪の組織・秋葉原のオタク文化を否定する悪の組織・邪団法人ステマ乙と戦うのだ。

「痛さは強さ! 非公認戦隊アキバレンジャー!」

IMG_5268.jpg(C)東映AG・東映

 を合言葉に、萌えフィギュアや痛車を駆使して戦う3人だが、敵対する悪の組織もアキバレンジャーの変身アイテム「MMZ-01(モエモエズキューーン)」によって妄想が増幅して生み出された、いわば「非実在」な存在。まさに「見えない敵」と日夜戦い続ける3人の「痛い」姿は、いい年して特撮ヒーローが大好きな大きなお友達に、大きな共感をもって受け入れられている。

 そんな本作だが、その誕生の裏には2011年から2012年にかけて放送されたスーパー戦隊シリーズ35周年記念作品『海賊戦隊ゴーカイジャー』(テレビ朝日系)の存在があったそうだ。

「企画の発端はまさに『ゴーカイジャー』であり、『ゴーカイジャー』なくして『アキバレンジャー』はありません。スーパー戦隊シリーズは“シリーズ”と冠しつつも、単年度の作品としてその年にその作品を見てくれる子どもたちに重点を置いた、独立した世界観で作られてきました。そんな中で『ゴーカイジャー』は初めて単年度作品を過去のシリーズと絡めて語る作品でした。ただ、そこで登場する先輩戦隊は、あくまで『ゴーカイジャー』たちの魅力を高めるサポート要素の一つとして配置され、見てほしいのは当年の戦隊(=ゴーカイジャーの6人)の活躍であるというスタンスは崩していません。


123

豪華スタッフ陣が本気でおふざけ!? 話題沸騰中『非公認戦隊アキバレンジャー』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

新しい地図、地上波復帰ラッシュなるか!?

年末年始特番で話題をかっさらった3人、地上波復帰ラッシュは近い?
写真
人気連載

話題の「バ美肉」マンガ2選

令和になってもYouTuberの勢いは止まりませ...…
写真
インタビュー

電気グルーヴ騒動を斬る!

「ヒドい」「バカだ」「病気だ」「痛い」「ズルい」「卑怯だ」……などなど、およそ正義の味方...
写真