日刊サイゾー トップ > エンタメ  > “洗脳騒動”でも仕事は順調?

「気が送られてくるまで待って!」ELT持田香織の“洗脳”に頭を抱える周囲と、“気功師”の気になる素顔

mochida0731.jpg『moka』(エイベックス・エンタテインメント)

 Every Little Thingのヴォーカル・持田香織が気功師に入れ込み、洗脳状態にあると報じられているが、持田の親族も「頭の痛い話」と周囲に漏らしていたことが分かった。

 持田がハマっているのは、トータルコーディネーターなる肩書きを持つ気功師・結城天蓮氏。近年、声が出なくなり、ファンからの痛烈な批判などに悩んでいた持田が、スタイリストの岡本純子氏を通じて結城氏と出会い、勧められた粗塩やブレスレットを愛用。現在は実家を離れ、結城氏が経営する療正院のある賃貸マンションへ転居しているという。

 ただ、持田の音楽活動そのものは順調である。占い師への傾倒ですべてを失い、姿を消したオセロ・中島知子の例とは違い、7月18日の厚生労働省の肝炎対策イベントに登場した際は「生きていると悩んだりすることも多いけれど、それを乗り越えたら必ず明日は来る」とファンにアドバイス。8月1日にはソロアルバムをリリースし、これに伴うコンサートツアーの開催も決まっており、テレビでは宇崎竜童と共演でサッポロビールの新CMにも出演する。洗脳騒動といっても、まったく仕事に影響はしていないようだ。

 だが、都内にある実家の周辺では、麻雀店や居酒屋などで娘についての愚痴をこぼす持田の親族の姿が目撃されているという。

「持田のお父さんは以前から娘の自慢話をしながら酒を飲むのが好きで、常連客の間でも有名なんですよ。それが最近は“娘さん元気?”と聞かれても“いま一緒に住んでないんだよ”と浮かない顔。聞いたら“マッサージ師みたいな人に洗脳されて、その人に稼いだお金を使っちゃう”というようなことを話していましたね」(顔見知りの60代男性)

 結城氏の名前こそ出ていないが“マッサージ師みたいな人”が結城氏のことである可能性は高い。仮にこの話が事実であれば、中島ら洗脳被害の典型で、財産を失っていく危険性があるのだが、実際に結城氏には厄払いに多額の費用が必要だというウワサもある。ある会員制の日記サイトには「元ヒップホップグループのメンバー」を名乗る人物が、「グループを辞めたのはほかのメンバーが稼いだ金を結城先生にあげてしまうから」と書いており、メンバーらが「先生から気を送ってもらうと奇跡の力が湧く」「気の送られやすい日時、場所、指示どおりにしていると創作力が10倍になった」などとして、のめりこんでいた様子も綴られている。

 持田も親族だけでなく周囲の仕事仲間から怪訝な目で見られているのは同様で、ツアーに参加予定のミュージシャンからは「音合わせの際に“気が送られてくるまで少し待って”と立ち止まったり、あまりにのめり込んでいる様子なのでちょっと心配」という声も聞かれた。

 持田の住んでいるマンションには現在、同じく結城氏に心酔する業界人が移り住んでおり、持田の人気とは裏腹に周辺住民からも気味悪がられているというが……。
(文=鈴木雅久)

最終更新:2012/08/24 16:12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed