日刊サイゾー トップ > 連載・コラム  > 青春のカタルシス映画が公開
深読みCINEMAコラム【パンドラ映画館】vol.183

“校内格差社会”に出現した異分子(ゾンビ)たち! 青春のカタルシス『桐島、部活やめるってよ』

kirishima01.jpg映画部の前田(神木隆之介)が脚本・監督を務める『生徒会オブ・ザ・デッド』の撮影現場。
ボクらの邪魔をするヤツは、みんな食い殺してやるッ!

 大学在学中に執筆した朝井リョウの青春小説『桐島、部活やめるってよ』を、神木隆之介、橋本愛、大後寿々花ら若手キャストをそろえての映画化。『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』(07)が高い評価を得た吉田大八監督が大胆な脚色を加え、校内格差社会に生きるイマドキの高校生たちが刹那的なカタルシスを体感する姿を描いている。映画版ではバレー部のキャプテンで人気者の桐島が部活を辞めた金曜日が何度も何度も繰り返される。まるで押井守監督のカルトアニメ『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』(84)を観ているかのようだ。『ビューティフル・ドリーマー』は学園祭の前日がエンドレスで繰り返され、高校生たちにとってパラダイスな時間が永遠に続く。一方、『桐島』では大会を直前にしてバレー部の中心選手だった桐島がどうも退部届けを出したらしいという不穏なニュースが流れ、学校中の生徒たちが浮き足だつ。いつまで、こんな宙ぶらりんな状態が続くのか? この映画は金曜日を何度描けば気が済むのか? この後、どんな展開をするのか? 劇中の生徒たち同様に、映画を観ている自分たちも暗い客席の中で不安が高まっていく。

 桐島たちが通う高校は、イマドキの全国どの学校もそうであるように、いくつもの階層に分かれている。上流階層にいるのは、桐島の彼女である“帰宅部”の梨紗(山本美月)。校内でいちばんの美女で、いわばセレブ的存在。バトミントン部のかすみ(橋本愛)らとつるんで、おしゃれ女子グループとして一目置かれている。全国大会で活躍した実績と伝統のある男子バレーボール部の部員たちやファッションセンスのいい菊池(東出昌大)らおしゃれ男子たちの“帰宅部”も上流階層。その中心には、いつも桐島がいた。マイペースな沢島(大後寿々花)は教室では目立たないけれど、吹奏楽部の部長という要職に就いている。教室内で最下層にいるのが、映画部の前田涼也(神木隆之介)と武文(前野朋哉)。前田は運動神経ゼロなメガネ男子で、武文は高校生には見えないオッサン顔。クラスの女子からは笑われているが、前田と武文は「映画秘宝」の最新号を教室の片隅でめくったり、人気女優を自分の脳内劇場で勝手にヒロインにして妄想することが楽しくて仕方ない。2人のニヤニヤ顔が、余計に女子たちから「キモい」と罵られる。

12345
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

ビートたけしと文春とのビミョーな関係

「ダウンタウン」松本人志が、飲み会で一般女性...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真