日刊サイゾー トップ > その他 > サイゾーpremium  > わがままタレントと編集者の仁義なき闘いの行方は!? 「発禁本」で泣いた浅田真央ちゃんの”真意”
トラブル多発のお蔵入り本

わがままタレントと編集者の仁義なき闘いの行方は!? 「発禁本」で泣いた浅田真央ちゃんの”真意”

【プレミアサイゾーより】

──今年2月8日にポプラ社から発売予定だった浅田真央の『大丈夫、きっと明日はできる』が発売中止になったことは記憶に新しい。人知れずひっそりと出版されずに終わっていく「お蔵入り本」はなぜ発生してしまうのか?

 広告収入がある雑誌と違い、基本的には売り上げだけが頼りの書籍は、コツコツ売っていくことが前提となっている。ところが、何か不備があり回収騒ぎなんぞになっては、出版社も著者も実入りはゼロ。それどころかマイナスになってしまうケースも。よって、できる限りそのような事態は避けなければならない。そのために日夜努力しているわけだが、それでも、なんらかの事情によって発売前に出版中止に追いやられるケースがまれにある。それが「お蔵入り本」である。実際にどういった経緯でお蔵入りとなったのかを分析していくと、いくつかのパターンがあるようで……。

 最も多いのは、著者と出版社の間にトラブルが発生して発売中止になるという、わかりやすいケース。最近の例としては、ポプラ社から2012年2月8日に発売予定だった、浅田真央の著書『大丈夫、きっと明日はできる』がある。一部報道では、先行予約用として書店に配布したポスターに書かれた「ママ、ありがとう。何度ありがとうと言っても足りません」というコピーに本人が憤慨したと伝えられた。

「浅田には、前年12月に亡くなった母親をビジネスの道具にしたくないという思いがあったので、宣伝コピーが決定打になったことは確かです。でも、ただそれだけが理由ではない。制作段階から彼女は、出版社と意思疎通がうまくいかないことに不信感を募らせていたようなんですよ。浅田が所属する事務所、IMG日本支社は、安藤美姫や室伏広治らスポーツ選手を多く抱えているんですが、中でも浅田はお姫様扱いされていて、本人が『もうやめた』と言えば、それ以上マネージャーや社長が出版を強いることは難しかった」(大手出版社編集A)

「タレントが本を出版する場合、印税はもちろん、話題性やイメージアップも目的としているので、多少の食い違いが起きても、できる限り歩み寄って出版しようとするでしょう。しかしアスリートの場合、本業はあくまで競技。当時、浅田は四大陸選手権を控えており、何よりも試合優先でした。浅田は普段からインターネットなどの誹謗中傷にとても敏感なタイプで、試合前に『母親の死で同情を買っている』といった悪口を書かれたくなかったようです。そういうさまざまな要因が重なったための結果で、ポプラ社は相手が悪かったという印象がありますね。その後浅田サイドには、多くの出版社重役から『ウチから出させてもらえないか』とのオファーが殺到したとか(笑)」(中堅出版社編集B)

 実際、ポプラ社内部でも担当編集者に対するペナルティは特になかった模様。大御所芸能人、世界レベルのアスリートを相手にする際は、当人の機嫌を絶対に損ねないよう慎重に慎重を重ねる必要があるといえる。

 ほかに芸能関係で多いパターンは、仲介者によるトラブルである。そのひとつに、08年7月に発売予定だった小室哲哉の自伝本『小室4年間の空白(仮)』がある。そもそもは、同年春に小室の事務所と某出版プロデューサーが組んで出版社に企画書を送ったことが始まり。複数の出版社が権利獲得に動いたが、この情報を嗅ぎつけたある媒体が小室サイドを直撃。金銭問題などについて質問したため、小室が激怒し、出版そのものを中止にしてしまったという。当時小室はかなり金に困っており、同年11月に詐欺容疑で逮捕された。自伝本の話はかなりナーバスな時期に出てきたことが、今となってみればわかる。

「本の中でも小室の経済状況に触れていて、それに小室側が難色を示したようです。企画会社や出版ブローカーが間に入ると、タレント側には『これだけの契約金が入ります』、出版社側には『あの大物タレントが告白する企画権利を持っています』と、どちらにもいい顔をして交渉がこじれることは多いですね。落ち目女性タレントの写真集なんかもこういうトラブルが発生しがちで、出版社には『脱がせます』と言っておいて、本人には詳細が伝わっていない……なんてことも」(中堅出版社編集C)

 96年に起きた藤田朋子のヌード写真集『遠野小説』の出版差し止め騒動などは、まさにそのパターンであろう。また、昨今の韓流ブームの影響で、編集者のこんな嘆きもあった。

「最近、韓国系出版エージェンシーから『韓流スターの写真集を出さないか?』というオファーが結構来ますね。でも、よくよく尋ねると権利関係が曖昧だったりして不明点が多いし、とても手を出す気にはならない。実際、詐欺まがいに遭った編集者もいるとか」(中堅出版社編集D)

 怪しい人のうまい話には要注意である。


12
こんな記事も読まれています

わがままタレントと編集者の仁義なき闘いの行方は!? 「発禁本」で泣いた浅田真央ちゃんの”真意”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

エルトン・ジョン自伝映画

 人気ロックスター、エルトン・ジョンの半生を...…
写真
インタビュー

チケット転売規制法は「国民救済」が目的じゃない! 

今年2月8日にポプラ社から発売予定だった浅田真央の『大丈夫、きっと明日はできる』が発売中...
写真