日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > テレビ辛口研究所  > 芸人・ぐっさんはどこにいった?
テレビ辛口研究所

「すっかり司会タレント!?」“芸人”ぐっさんはどこにいった?

715saWmSjKL.jpg『(有)山口モータース』(よしもとアール・
アンド・シー)

 「あれ? そういえば、ぐっさん、どこいった?」と感じている人は、案外いるのではないだろうか。

 バラエティ番組で女芸人などが「好き」と名前を挙げることが多く、一般女性にも非常に人気があった芸人・ぐっさんこと山口智充。

 モノマネや歌、ギターなどが上手で、音楽活動も一時行っていた。しかも、何かと器用で、「イイ人そう」なイメージもあった。

 だが、2009年3月にTBS『リンカーン』のレギュラー出演者から、ぐっさんが消えたことが話題となり、以降、少しずつ露出が減っている気がする。そして、いつの間にか「お笑い」番組ではあまり見ない人になってしまった。

 もちろん今でもCMではおいしそうに麻婆茄子を食べ続けているし、今年4月からはNHKのクイズ番組『連続クイズ ホールドオン!』で、武内陶子アナと週替わりの司会者を務めているし、情報バラエティ『にじいろジーン』『笑顔がごちそう ウチゴハン』などの司会もしている。

 ただ、姿を見るのは「お笑い番組」ではないし、仕事の内容も「芸人」ではなく「司会タレント」のようである。

 いったいなぜ? お笑いウォッチャーのテレビ雑誌関係者は言う。

「ぐっさんは『好感度が高い』ことが、かえって芸人としてはアダになってしまったところがありますね。健康的で爽やかなイメージがあるので、司会に抜擢されたり、NHKなどでも重用されていますよね。実はクレイジーだったり、テキトウだったり、おバカなところもあるんですが、世間的にはどうしても優等生的なイメージでしょう? また、モノマネなど何をやっても器用でそつなくこなせますが、トークが主流になっている現在のバラエティには向かないところもあるのでは? また、ぐっさんの芸は、『お~』という感嘆の声は上がっても、笑いは起こらない。ぐっさんで笑ったことがないって人、実は多いんじゃないでしょうか」

 確かに「感心」してしまって、笑いにならないというのは、モノマネではときどきあるパターンだが……。


12
こんな記事も読まれています
関連キーワード

「すっかり司会タレント!?」“芸人”ぐっさんはどこにいった?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

ここがヘンだよレコード会社

「あれ? そういえば、ぐっさん、どこいった?」と感じている人は、案外いるのではないだろう...
写真