日刊サイゾー トップ > 芸能  > つんく♂の“いい人伝説”

「音楽には賛否両論だが、人柄を悪く言う人は皆無」枚挙にいとまがない、つんく♂の“いい人伝説”

41p08tNhl5L._SL500_.jpg『V3~青春カバー~』(ZETIMA)

 音楽プロデューサー、ミュージシャンのつんく♂が、ウェブ上で「人格者」だと評判を上げている。漫画家のさかもと未明がPHPのサイトに発表した、飛行機内で幼児の泣き声にいら立って航空会社や母親にクレームをつけたとの一文が波紋を呼ぶ中、つんく♂はTwitterで、15年前のバンド時代に同じような場面に居合わせたエピソードを披露。機内で恐縮する母親に「2時間泣いてたこの子が一番がんばった。エライエライ」と話しかけ、その母親を涙ぐませたという。

 つんく♂の「いい人エピソード」は枚挙にいとまがない。

「つんく♂さんの音楽には賛否両論ありますが、人柄を悪く言う人は業界内で見たことがありませんね。シャ乱Q時代も腰が低いことで有名でしたし、モーニング娘。やハロプロのプロデューサーとして成功を収めてからも、決して傲慢なそぶりを見せない。それどころか、シャ乱Qのほかのメンバーの収入を心配して動くなど、情に厚い部分もよく知られています」(音楽事務所関係者)

 つんく♂がプロデューサー業に力を入れるようになったのは、モーニング娘。が大ヒットしたからだが、本人は当初、バンド活動を中心にやっていく心づもりだったという。しかし、所属するアップフロントエージェンシー(現アップフロントグループ)が、アイドル事業に力を入れると決定するや、つんく♂はグループの方針に従うことに。

「アップフロントグループは、1970年代にアリスの事務所として台頭したヤングジャパングループが発展してできた音楽事務所です。80年代にバンドブームでヒットを出したものの、90年代には一時低迷。しかし、モーニング娘。の大ヒットで盛り返しました。同グループは、会社組織の形が変わっても幹部メンバーの結束が固いことで有名で、決して非合法活動に手を染めたわけではありませんが、業界内で『ヤクザ顔負けの結束力』と評されたこともありました。つんく♂も自分を育ててくれた事務所に恩義を感じており、いまやアップフロントグループの大黒柱ですね」(音楽マネージャー)

 もっとも、責任感から「いい人」であり続けるあまり、つんく♂が組織内プロデューサーに甘んじ、ミュージシャンとしての才能を生かし切っていない、との声があるのも事実。特にここ数年は、アイドルプロデュースで目立った成果を上げておらず、シャ乱Qをもっと大々的にやったほうがいいのでは、との指摘も出ている。

12

「音楽には賛否両論だが、人柄を悪く言う人は皆無」枚挙にいとまがない、つんく♂の“いい人伝説”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

『夜空はいつでも最高密度の青色だ』

 皆さんこんばんは、宮下かな子です。  猛暑...…
写真
インタビュー

望月歩、月9『朝顔』で存在感見せる

 今年、大河ドラマ『麒麟がくる』や、連続テレビ小説 『エール』に抜擢された望月歩は、...
写真