テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第14回

相方の死を笑いに変える――『検索ちゃん』で見せたカンニング竹山の七回忌漫談

「一回僕ら酔っ払って、勃起したチンコ測ったことがあります。僕が13センチ、あいつが18.5センチ。頭おかしいくらいでかいんです!」

 少し引く会場に「ちーん」という仏具の音が響いた次の瞬間、大きな笑いが会場を包んだ。

「これでこの話、浄化されたんでバンバン話して結構です」

 竹山と中島の出会いは小学校3年の頃。クラスは別々だったが、気の合う遊び仲間として行動を共にしていた。中学では同じクラスになったが、別々の高校へ進学。その後は風のうわさでしかお互いの所在をつかめなくなっていた。

 吉本興業が福岡に事務所を立ち上げると、当時大学受験に失敗し予備校に通っていた竹山は、中島同様、小学校時代からの友人であるケン坊田中とコンビを組み、「ター坊ケン坊」としてオーディションに参加。同じく決勝に進出した博多華丸・大吉らと共に吉本にスカウトされ、地元のテレビなどに出演し始めた。しかし、程なくして竹山はノイローゼになり、仕事を飛ばし上京した。

 そこで中島と偶然再会し、やがて2人は東京で芸人を目指す。事務所を転々としながら仕事のない日々が続き、気付くと2人は借金まみれになっていた。そんなどん底の中、マネジャーを交え「カンニング会議」が開かれる。そこで中島は結論を出した。

「このまま辞めたら何にも残らん。何か残して辞めないと意味なくね?」

 その日から1年後、同じ状況だったら芸人を辞める――。そこから「借金ばっか、バイトばっか、誰が売れてやるか!」と客に怒鳴るキレ芸のスタイルが生み出されていった。

 『虎の門』(テレビ朝日系)出演をきっかけに、2003年『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)の「笑わず嫌い王決定戦」に出演。これが大きな反響を呼び、ついにカンニングはブレイクを果たす。しかし、その矢先の04年末、中島が体調を崩す。

 彼が病院へ担ぎ込まれる直前の収録だった『虎の門』では、「そんなことよりもウチの相方がなんかの病気で血圧が180あります!」「頭が痛いです!」と笑わせていた。そして入院、手術を経て、一時は復帰ライブを具体的に計画するまでに回復していた。しかし06年末、無情にも再発。そして肺炎を起こしてしまう。


123
こんな記事も読まれています

相方の死を笑いに変える――『検索ちゃん』で見せたカンニング竹山の七回忌漫談のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

ゲキメーションの旗手登場!

「今回テレビという舞台で、僕はあることにチャレンジしてみたいと思います」 と、舞台にひと...
写真