日刊サイゾー トップ > カルチャー  > のりぴーの意外な交友関係

酒井法子の復帰舞台にマーク・パンサーから花輪が……主催者は「隠しとけ!」と大慌て

noripbutai.jpg『碧空の狂詩曲~お市の方外伝~』

 覚せい剤事件で有罪判決を受け、3年におよぶ執行猶予を終えた女優の酒井法子の主演舞台『碧空の狂詩曲~お市の方外伝~』が24日、千秋楽を迎えた。 

 酒井は織田信長の妹・お市役。初日の15日にはマスコミ取材に応じ「生きている実感があって、素敵な時間」と充実の笑みを浮かべ、「マンモスうれぴー」と現在の心境を往年の“のりピー語”で語ったが、チケットは初日と千秋楽のみが完売で、あとは「7割程度」(関係者)の売れ行きだったという。

 また、舞台裏では主催者を慌てさせる騒動も起きていた。薬物事件の影響で、タレント仲間もめっきり減った酒井だが、唯一、ダンスボーカルユニット「globe」のマーク・パンサーから花輪が届いたというのだ。

 マーク・パンサーといえば、ファッション雑誌のモデルとして活動していた妻の酒井薫子が2007年9月に麻薬所持と使用の疑いで逮捕されている。これには主催者も「花輪はうれしいですが……」と困惑。マークの妻と酒井の接点は不明だが、ゴシップ誌にとっては格好のネタ。せっかく復帰したのに、再び薬物事件について「W酒井」などとイジられることは容易に想像できる。

 そのため主催者サイドは、当初会場入り口付近に置いていた花輪を「隠せ!」とばかりに、途中から会場の奥に引っ込めたという。

 せっかくの好意も、マスコミによって妙な勘ぐりをされてしまう。世間を騒がせた薬物事件の代償は大きいようだ。

最終更新:2012/12/27 12:00

酒井法子の復帰舞台にマーク・パンサーから花輪が……主催者は「隠しとけ!」と大慌てのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

テレビと銀幕の中のジョージ秋山(2)

──コラムニスト・更科修一郎が記すテレビ今昔物語...…
写真
インタビュー

中島岳志が分析する都知事選・前

覚せい剤事件で有罪判決を受け、3年におよぶ執行猶予を終えた女優の酒井法子の主演舞台『碧空...
写真