日刊サイゾー トップ > その他  > Amazonガチャ魅力的?

Amazonガチャ、なぜたった5日で消えた?胡散臭さ先行したが意外に魅力的?

 サイゾーのニュースサイト「Business Journal」の中から、ユーザーの反響の大きかった記事をピックアップしてお届けします。

■「Business Journal」人気記事(一部抜粋)
「アンドロイドは売れてない」ソフトバンク絶好調で孫社長は豪邸購入!?
大手新聞社長、保身のために海外に飛ばした愛人と再燃し同棲生活!?
“ハゲタカ”に狙われる西武 提携解約と引き換え詐欺まで要求され上場できない!?

■特にオススメ記事はこちら!
Amazonガチャ、なぜたった5日で消えた?胡散臭さ先行したが意外に魅力的? – Business Journal(2月17日)

サイト「Amazonガチャ」
(運営元:BearTail)より

 2月4日に現れた「Amazonガチャ」というサービスが、2月8日に完全終了した。わずか5日で終了したわけだが、実際に新規ユーザー受け付けを行ったのは約1日という、あまりにもはかないサービスとなった

 ネットでは非常に話題になったこの「Amazonガチャ」が、実際はどういうサービスを目指していたのか、何が問題だったのかをあらためて考えてみよう。

●Amazonガチャは「4500円分の福袋」

 Amazonガチャというサービスを非常に簡単に説明すると、「4500円分のものが詰まった福袋を5000円で買う」というイメージだ。確実に500円損になるわけで、そんなサービスを使う人がいるのかどうかは別として、その内容自体に大きな問題はない。500円はいわゆるシステム利用料で、代理人が4500円分の買い物をAmazonでして送ってくれるというだけだ。

 ただ、このイメージが伝わりづらかったために問題になった。すべての問題は「Amazonガチャ」というサービス名にあったのではないだろうか?

 まずタイトルに大きく「Amazon」と入ったことで、まるでAmazonがサービスを提供するように見えてしまった。よく読めば提供者として別の企業名が出ているのだが、それがAmazonから委託を受けている業者なのか、勝手にAmazonを名乗っている悪徳業者なのか、Amazonのシステムを利用するだけの業者なのかの区別がつきづらかった。

 また「ガチャ」という言葉がギャンブル性を連想させた。特にSNSゲームで問題になったこともあり、「ガチャ」という言葉は悪いイメージを引きずっている。そのせいで、「5000円入れれば2000円分しか物がこない可能性もあるが、5万円分の物が来ることもあるのかもしれない」という期待を持った人もいるだろう。

 この2つが組み合わさったことで、「なんだか胡散臭いサービスをAmazonの名前を騙ってやろうとしているヤツがいる」という印象が強くなったのではないだろうか。

●Amazonの豊富すぎる品揃えも1つの障害?

「5000円払ってAmazonで商品を指定せずに代理購入してもらう」というのがAmazonガチャの実態だったわけだが、このサービスの目的は、商品との意外な出会いを演出するというところにあったという。

 つまり自分で5000円分の買い物をしようとした場合、自分が興味を持ったものしか購入しないが、ガチャを使えば思いがけない商品が送られてくることで新しい出会いがあり、おもしろいということだ。一見、興味深いようにも思える。ただこれは、Amazonの品揃えがあまりにも豊富であることが不安につながった。

 例えば本が4500円分来るというならば、それなりに楽しめるだろう。しかしAmazonには非常に多彩な商品がある。雑貨や飲食物も多い。可能性だけをいえば、男性に女性用下着が届いたり、園芸用の土がどっさり届くという可能性もあるわけだ。幸福な出会いよりも途方に暮れる自分を想像した人も少なくなかったようだ。

●学生ベンチャーのノリにネットが炎上

 まずこのサービスを提供していた「株式会社 BearTail」がどういう会社なのかといえば、筑波大学の現役学生が2012年に設立した、いわゆる学生ベンチャーだ。社員はみな個人でFacebookアカウントを運用し、自社サイトでも公開。略歴を見ると、それぞれインターネットやコンピュータにも詳しいようだ。サイトには5人の名前が挙がっているが、全員が21歳と非常に若い。

「学生がノリだけで考えた」「ネタのつもりだった」「就職活動のために何かした実績がほしかっただけだろう」というようなコメントもインターネット上では飛び交っていたが、この簡単なプロフィールだけを読めばそう考えてしまうのもムリはないかもしれない。

 サービスの正当性追及にあたっては、Amazonの商標権侵害や不正競争防止法への抵触なども指摘されたが、一応あの段階では法的には問題がないとう見解を運営者側は示していた。それでも、好意的に受け取る人ばかりではないということに考えが至らなかった点については軽率だったというしかないだろう。

 しかし、ネットの反応が大きすぎたようにも思える。

 今は誰かが何かをすれば、あっという間にSNS等を通じて広がる。これはよいことも悪いことも同じで、昔のように近しい人や一部の先行ユーザーからの指摘を受けて改善を重ねながらゆっくりと展開するというのは難しい状況だ。ある意味、空気に負けたサービスだともいえるだろう。

●考え方次第では、アリなサービスだったかも……

 非常に短期的に消えてしまったAmazonガチャだが、改善案的なものを示している人もいる。サービス名を修正して誤認を防ぐのは当然として、価格設定やAmazonの使い方をもっとうまく調整すれば魅力的なサービスになり得たのではないかという可能性もある。

 例えば、価格が500円や1000円といった、いわゆる「捨てても惜しくない金額」ならば、土が来ようと紙が来ようと笑って済ませてくれる人がたくさんいたかもしれない。またAmazonを使うにあたって「Amazonマーケットプレイス」の商品を除外すると定めれば、商品の雑多さはかなり抑えられるため、納得する人が増えたかもしれない。

 またDVDのみ、CDのみ、書籍のみといった形でジャンルを限定して買い物をしてくれるのならば、それこそ新たな出会いを楽しみたいという人も多かったのではないだろうか。

 1アイデアを形にすることで誕生した魅力的なネットサービスは存在する。しかしAmazonガチャに関しては1アイデアすぎた、掘り下げが足りなかったという印象が残る。
(文=エースラッシュ)

■おすすめ記事
「アンドロイドは売れてない」ソフトバンク絶好調で孫社長は豪邸購入!?
大手新聞社長、保身のために海外に飛ばした愛人と再燃し同棲生活!?
“ハゲタカ”に狙われる西武 提携解約と引き換え詐欺まで要求され上場できない!?
人をやる気にさせる叱り方4つのポイント
グーグルのデータサービスが世界の消費を操る!? マーケティング最前線とは?

最終更新:2013/02/18 07:00
こんな記事も読まれています

Amazonガチャ、なぜたった5日で消えた?胡散臭さ先行したが意外に魅力的?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

ここがヘンだよレコード会社

2月4日に現れた「Amazonガチャ」というサービスが、2月8日に完全終了した。わずか5...
写真