日刊サイゾー トップ > その他  > 残業で死亡…労災決めてはメール?

違法な長時間残業で死亡…労災認定の決め手は恋人へのメール?

サイゾーのニュースサイト「Business Journal」の中から、ユーザーの反響の大きかった記事をピックアップしてお届けします。

■「Business Journal」人気記事(一部抜粋)
日本アカデミー賞が面白い謎 ハイレベルすぎるエリカ様いじめ、広末涼子のワイプ芸…
不動産屋さんのセールストークのウソ…毎月の支払い額同じなら購入がトク?
心配性の方に!「何も考えていない状態」の作り方

■特にオススメ記事はこちら!
違法な長時間残業で死亡…労災認定の決め手は恋人へのメール? – Business Journal(3月12日)

Iさんの母親(左)と
婚約者だったアイコさん(右)=仮名=

 2010年9月下旬の朝、連休2日目だったIさんは就寝中に心室細動を起こし、搬送先の病院で死亡した。享年28歳。北陸地方にある自動車カスタム専門店の唯一の正社員として、月100時間を超える残業を繰り返していた。Iさんは、技術が専門誌に掲載されるほどの優れた職人だったが、1台1台に完璧な仕上がりが求められるなか、毎日、午前1〜2時まで仕事をしていた。実際にどのような働き方をしていたのか、母親と婚約者に話を聞いた。

 Iさんが働いていたのは、北陸地方にある自動車カスタムの専門店「Z」。もともと別の自動車関係の会社で働いていたところZ社の仕事を引き受けるようになり、Iさんの力量を知ったZ社の社長に引き抜かれた。引き抜きにあたって、Iさんのためにブースをつくるなどの用意もしたという。

 コーティングや塗装の技術に優れたIさんが入社したことで、Z社は幅広く仕事を受注できるようになった。「何から何までカスタムできる会社は、この地方ではZ社のほかにはない」と、婚約者だったアイコさん(仮名)は言う。

 専門誌が取材に来ることもあり、仕上がったカスタム自動車を景観のいいところに運んで写真撮影をしたり、特殊コーティングの職人としてIさんの技術が誌面で取り上げられたこともあった。

 愛車の改造だけに、自動車オーナーが注ぎ込むお金も大きい。

「1台に1000万円くらいかけて、オーディオから全部替えて、ショーに出す車を作っていたりするから」とIさんの母が、教えてくれた。車体のコーティングだけでも15〜25万円ほどかかるらしい。

●完璧な仕上がり目指し、仕事終わらず

 そんな世界だから、届いたパーツを取り付けて終了ではなく、1台1台、毎回異なる「一品物」を完璧に仕上げる。塗装やコーティングにほこりが1つついていてもダメ。「ちょっとほこりがついただけで、お客さんに指摘されちゃう」とアイコさんは話す。

 自動車オーナーと相談しながら仕事を進めていくこともあり、1台を仕上げるだけでもかなりの時間がかかっていたらしい。

「追い付かないくらい本当にあったと思う。やっても終わらない。これが終わったら次」という状況だったとアイコさんが説明すると、母親も「それはよく言っていた」と言葉を継いだ。

●毎日午前1〜2時まで働き、残業は月100時間以上

 その結果、死亡前6カ月の平均残業時間は、労基署が認定した分だけでも97時間に及んだ。終業が午前1〜2時になるのは当たり前で、午前4時を過ぎたこともあった。そして翌日は朝10時から働く。

 死亡前の6カ月(134日)のうち、早退が1度あるほかは、日付が変わる前に仕事が終わったのが27日(20%)しかない。残りの107日(80%)は、午前0時を過ぎてからの終業だ。午前2時を過ぎた日は35日(26%)もあった。

 カスタム自動車のイベントが近くなると、納車を間に合わせるために徹夜で作業することもあった。だが、これだけ働いていても、残業代は正規の計算ではなく、「特別残業手当」という名目で月1〜5万円程度が支給されるだけだった。

●メールが残っていなければ、労災認定はない

 タイムカードのないZ社でIさんの長時間労働を証明したのは、Iさんが毎晩アイコさんに送った「仕事終わったメール」の送信時間だった。

 死亡する年の3月、Iさんとアイコさんがそろって携帯電話をiPhoneに変え、それ以降のメールがすべて残っていたという。そして、それこそが、労災認定の決め手になった。

 時間記録はメールだけという状況で労災認定されたことについて、遺族代理人の海道宏実弁護士は、「過労死事案がメールだけで認定されたのは、過労死弁護団が経験した事例の中でも珍しい」と話していた。

 はからずも、ふたりのメールが、違法な長時間労働を裏づけることとなった。
(文=佐藤裕一/回答する記者団)

【詳細内容はこちら】
http://www.mynewsjapan.com/reports/1749

■おすすめ記事
日本アカデミー賞が面白い謎 ハイレベルすぎるエリカ様いじめ、広末涼子のワイプ芸…
不動産屋さんのセールストークのウソ…毎月の支払い額同じなら購入がトク?
心配性の方に!「何も考えていない状態」の作り方
アップル、FBも…米IT大手へ相次ぎサイバー攻撃、国防総省「核抑止力で対抗」か?
消費税還元セール禁止へ 反発する小売り業界、納入企業への値上げ拒否の実態も

最終更新:2013/03/14 14:00

違法な長時間残業で死亡…労災認定の決め手は恋人へのメール?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

新しい地図、地上波復帰ラッシュなるか!?

年末年始特番で話題をかっさらった3人、地上波復帰ラッシュは近い?
写真
人気連載

完全終了!? テレ朝『報ステ』

 テレビ朝日が、夜の看板報道番組『報道ステー...…
写真
インタビュー

炎上弁護士が語る「殺害予告」の真実

「週刊ダイヤモンド 2013/3/16号」の特集は『目にかかるカネとリスク』だ。近視・老...
写真