日刊サイゾー トップ > その他  > ルノアール従業員の知られざる“法則”
鮫肌文殊と山名宏和、と林賢一の「だから直接聞いてみた」 for ビジネス

ルノアールの素晴らしき従業員教育の賜物 絶妙なタイミングでお茶が出てくるワケ

 サイゾーのニュースサイト「Business Journal」の中から、ユーザーの反響の大きかった記事をピックアップしてお届けします。

■「Business Journal」人気記事(一部抜粋)
維新の会と関西財界の利権の構図…大阪市営地下鉄民営化で露呈!?市民にしわ寄せか
資生堂、中国事業の失速で業績不振 ネット通販主導の社長は2年でクビと大混乱
ユニクロはブラック企業か?朝7時出社、大量業務でも残業超過するとボーナス減…

■特にオススメ記事はこちら!
ルノアールの素晴らしき従業員教育の賜物 絶妙なタイミングでお茶が出てくるワケ – Business Journal(3月19日)

(「銀座ルノアール HP」より)

人気放送作家の鮫肌文殊氏と山名宏和氏が、知ってトクもしなければ、自慢もできない、だけど気になって眠れない、世にはびこる難問奇問を直撃解決!する連載「だから直接聞いてみた」。月刊誌「サイゾー」で連載されていた同企画(宝島社より単行本となって発売中!)が、ビジネスジャーナルにて復活!

 今週は林賢一氏が、ルノアールに行ったことがある人ならおなじみの“お茶サービス”とそのタイミングについて、じっくり問い合わせてみた!

[回答者]銀座ルノアール本社 様

 ルノアールは安定感がある。

 なんの安定感かというと、喫茶店としてのトータルバランスである。

 例えば、机の広さ。ルノアールの机は、良い感じにパソコンで仕事できるスペースがある。例えば、椅子の快適さ。座席も、長時間座っていても疲れない気がする。

 それに比べると、ドトールは机が狭かったり、スターバックスはいつも混んでいて座れなかったりと、トータルバランスを考えるとルノアールに軍配が上がる結果になってしまう。

 だからして、仕事であれ、読書であれ、ただの時間つぶしであれ、どの喫茶店にしようかと迷ったらルノアールを選べば間違いがない。どんな用途でもぴったりはまってくれるのがルノアールなのだ。

 皆さんご存じだとは思うが、ルノアールにはこんな武器もある。途中でお茶が出てくる。これはありがたい。

 コーヒーを注文した後……お茶が出てくる。

 ココアを注文した後……お茶が出てくる。

 そろそろ帰ろうかなと思ったら……お茶が出てくる。

 ドリンク注文後にさらにドリンクが出てくるわけで、1杯の値段で2杯飲めることから、なぜか2倍得した気になってしまうのは私だけだろうか?

 だが、ふと気になった。

 お茶が出てくるタイミングに法則はあるのだろうか?

 これまでを振り返ってみると、コーヒーを飲み終わった頃にお茶が出てきたような気もするし、コーヒー飲んでいる最中にお茶が出てきたような気もする。お茶タイミングはいつなんだ? 気になる。

 そこで【銀座ルノアール本社】に直接聞いてみた。

「お茶をサービスしてもらえますが、あれって提供するタイミングに法則があるんですか?」

担当者 (とても真面目そうなしゃべり方で)そうですね、お飲み物が半分ほどになったら、という目安がございます。

──(驚)えー。そうなんですか! それが決まりみたいになってるんですか?

担当者 その場その場でまた変わってくるんですけれど、基本的にはそのタイミングでの提供になっております。

──従業員さんにも、そのように教えているんですか?

担当者 そうですね、はい。

──「飲み物が半分になったかな?」と従業員さんが見て、各々判断するってことですよね?

担当者 そうですね。その場で、はい。

──あの、たまにお茶が出てこない時があるんですが、あれは何か法則があるんですか?

担当者 いえ、その時の働いている従業員のミスだと思いますね。

──モーニングセットの時も、お茶はもらえるんですか?

担当者 はい。

──お茶って、お代わりしてもいいんですか?

担当者 はい。

──あのお茶自体は、そもそも何茶なんですか?

担当者 煎茶、緑茶になりますね。

──あれは単品では売ってないんですか?

担当者 そうですね、はい。業者の方から取り寄せております。

 というわけで「ルノアールのお茶を出すタイミングは、飲み物を半分飲んだら」というシンプルかつ明確な法則が引き出された結果となった。知らなかった!

 つまり、従業員さんたちは、こんなふうに常に目を光らせているのだ。

 「あの客、どこまで飲んでるんだ?」

 客の飲み物の減り具合を調べるのも、仕事の一環だからだ。できる従業員は、さらに一歩進んでいるかもしれない。

 「あの客は3分の1まで飲んだな。もう二口でお茶だな」

 細かい。芸が細かいよ、ルノアール。恐れ入った。

 これからルノアールで過ごす時は「半分」というラインを意識しながら飲むと、よりルノアールライフが楽しめるに違いない。「半分」のラインを過ぎた時、従業員さんたちはキラッと目を光らせ、ムービングを始めるのだから。
(文=酒平民 林賢一)

■おすすめ記事
維新の会と関西財界の利権の構図…大阪市営地下鉄民営化で露呈!?市民にしわ寄せか
資生堂、中国事業の失速で業績不振 ネット通販主導の社長は2年でクビと大混乱
ユニクロはブラック企業か?朝7時出社、大量業務でも残業超過するとボーナス減…
Android立役者退任のグーグル、PC+モバイル+クラウド融合OSという野望
誰が「J-POP」を殺したのか?

最終更新:2013/03/21 07:00

ルノアールの素晴らしき従業員教育の賜物 絶妙なタイミングでお茶が出てくるワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

「女子メンタル」峯岸みなみの攻防と彼女たちの“物語”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

本性としての暴力と協力(後編)

ルノアールは安定感がある。なんの安定感かというと、喫茶店としてのトータルバランスである。
写真