日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 元オセロ中島に苫米地氏が…

テレビ出演の元オセロ・中島知子に脳機能学者・苫米地英人も「彼女は洗脳されていなかった」

eqrafgl.jpg松竹のHPにはまだ「オセロ」のプロフィールが残っている。

 29日、“洗脳騒動”の渦中にあったタレントの中島知子がテレビ朝日系『ワイド!スクランブル』に出演し、近況を明かした。

 中島のインタビューは都内のホテルで収録され、一時は“激太り”が心配された体型もすっかり元通りになったようで、元気な姿を見せていた。

 一連の騒動について中島は、同居していたとされる“占い師”を再三「友達」と呼び、「一緒に買い物に行くような仲のいい関係」だったことを説明。マンションの家賃を滞納していたことについても「自分の意思で、そこまでやれば仕事を休めると思ってやった」と、あくまで自主的な判断だったとし、「浅い考えだった」と反省の弁も述べた。

 また、注目された「洗脳」については「(そういう報道を見ても)意味が分からなかった」と語り、自らが洗脳状態ではなかったことを強調。中島の“脱洗脳”に当たったとされる脳機能学者・苫米地英人氏との接見についても「挨拶をしたとき、苫米地さんが『この人は洗脳されてないけど、どうする?』と周りの人に聞いていたくらいだった」とその時の状況を明かし、あくまで“占い師”との関係は仲の良い友だちであり「彼女にも迷惑をかけてしまった」と後悔を口にした。

 また同日、苫米地氏も自らのブログで「私が彼女にコーチングをしていたという話は、周囲から報道されていましたが、前にも言いましたが、『脱洗脳』といわれるような作業をしていたわけではありません」とした上で、中島の当時の状況について「彼女は『洗脳』状態にはいないということ」であったことを明言した。

 さらに苫米地氏は「現在、中島知子さんにベストなのは、社会復帰に向けて、周囲が優しく見守るということです」と記し、「視聴率合戦のような無責任なメディアでの取り上げ方や、テレビなどでの生半可な知見での無責任な発言などはもっての外です」と、過熱する報道合戦をけん制した。

 いずれにしろ、松竹芸能からの退社と事実上の「オセロ」解散も明らかになっている中島。インタビュー内で本人は「今日の午後からも仕事をしたい」と芸能活動への意欲を見せたが、今度、どのような活動を見せていくのだろうか。

最終更新:2018/12/07 18:02

テレビ出演の元オセロ・中島知子に脳機能学者・苫米地英人も「彼女は洗脳されていなかった」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

女優・宮下かな子が送るサブスクエッセイ

宮下かな子さんがサブスクで観た作品を元に、俳優の日常を綴るエッセイ連載
写真
特集

夏枯れ? 豊作? 夏ドラマをチェック!

『石子と羽男』『競争の番人』『オールドルーキー』etc…夏ドラマをチェック
写真
人気連載

“事務化したテロ”の時代

今週の注目記事・第1位「『統一教会』と『政治...…
写真
インタビュー

あらびき団に出ているだけでは売れない……

『HITOSHI MATSUMOTO Pre...…
写真