日刊サイゾー トップ > 芸能  > 【のりピー】ギャラ未払い騒動

酒井法子の復帰舞台で“ギャラ未払い”騒動が発生中「チケットは、さっぱり売れていなかった……」

sakainirip0507.jpg『碧空の狂詩曲 ~お市の方外伝~』
(ワニブックス)

 覚せい剤取締法違反の有罪判決で、昨年、執行猶予明けから芸能活動を再開させた酒井法子の出演舞台をめぐって、ギャラ未払い騒動が起こっている。

 昨年12月、酒井が女優復帰を飾った主演舞台『碧空の狂詩曲~お市の方外伝~』の出演者や関係者に、ギャラがいまだ支払われていないというのだ。同舞台に出演した俳優によると「主催したプロデューサーと連絡がつかない。いつ支払われるのか、まったく説明もないまま」だという。

 すでにこのプロデューサーは、一部記者の取材に対し、ギャラの未払いを認め「資金繰りがうまくいっていないが、支払いのメドは立っている」と答えている。

 同舞台は酒井の復帰作として話題こそ呼んだが、実のところチケットはさっぱり売れなかったのだ。会場の渋谷区文化総合センター大和田は約700人収容の小会場にもかかわらず、公演直前でもほぼ全日、チケットに余裕があり、日によっては1階の3列目、2階の1列目が買える状況だった。

 事実、発売から1週間足らずで8,500円のS席がネットオークションで定価割れ、それも落札されないまま終了していたほどだ。

 共演した俳優によると「宣伝用のポスターが酒井の顔だけをドアップで写して、ほかの俳優のファンをないがしろにしたものだった。それでいつも大口購入をしてくれた我々の後援者たちも背を向けた」と、手売り状況も最悪だったことが分かった。

「だいたい、あのプロデューサーは出会い系サイトやAVを手がけてきた方で、明らかに舞台は不慣れな感じだったんですよ。契約上、主役の酒井さんに事前のプロモーション活動を約束させてなかったみたいで、宣伝も不十分なままでした」(同)

 それでも必死にチケットを売りさばいた俳優は少なくなかったというが「その売り上げからバックされるはずのお金も受け取っていない人がいる」と同俳優。通常は公演終了から2カ月以内に清算されるものが、放置されたままだという。


12
こんな記事も読まれています
関連キーワード

酒井法子の復帰舞台で“ギャラ未払い”騒動が発生中「チケットは、さっぱり売れていなかった……」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

バラいろダンディで広告離れ露呈

 2014年4月から“オトナの夜のワイドショ...…
写真
インタビュー

イグジスタンスの画家・はくのがわ

覚せい剤取締法違反の有罪判決で、昨年、執行猶予明けから芸能活動を再開させた酒井法子の出演...
写真