日刊サイゾー トップ > その他  > 高画質フルセグ・スマホどう?

ついに高画質フルセグ搭載スマホ登場 普及のカギ/課題は大量録画と受信感度

 サイゾーのニュースサイト「Business Journal」の中から、ユーザーの反響の大きかった記事をピックアップしてお届けします。

■「Business Journal」人気記事(一部抜粋)
HKT指原の収入額を聞いたフット後藤ら驚愕、指原「好みの男性のタイプは口堅い人」
渡辺直美、前川清の息子に告白「一緒にしゃぶしゃぶ屋に」と返事、交際に発展へ含み
図書館はTSUTAYAとスタバの“おまけ”?  民間委託で利用者急増も、トラブル&疑問の声が噴出

■特にオススメ記事はこちら!
ついに高画質フルセグ搭載スマホ登場 普及のカギ/課題は大量録画と受信感度 – Business Journal(5月22日)

 5月7日に開催されたソフトバンクスマートフォンの2013年夏モデル発表会で、ついにフルセグTVチューナー搭載の機種が登場してきた。シャープの「AQUOS PHONE Xx 206SH」と富士通の「ARROWS A 202F」だ。従来スマートフォン(スマホ)に搭載されているテレビ機能は、ワンセグと呼ばれるやや解像度の粗い映像(320×240ドット)にしか対応しないものだったが、これが高解像度なハイビジョン地上波デジタル放送(フルセグ放送)に対応するようになる。

5月7日、ソフトバンクのスマートフォン2013年夏モデル発表会

 今回の地上デジタル放送対応の実現には、最近のスマホ・ディスプレイの高解像度化が一役買っている。少し前のスマホでは、1280×720ドット程度のHD解像度のディスプレイが多かったが、この程度の解像度では高解像度なデジタル放送の美しさを表現できない。

 フルセグチューナー搭載スマホをリリースしたシャープはテレビメーカーでもあり、機種名「AQUOS PHONE Xx 206SH」には、同社のテレビブランド「AQUOS」が入っている。それだけディスプレイの表示クオリティにも気を使っているというわけだ。

 そして、フルセグ解像度を維持したまま録画もできるのが、この「AQUOS PHONE」の利点。一方、富士通の端末「ARROWS」はリアルタイム放送はフルセグで視聴できるが、録画はワンセグでしかできないというちょっと残念なものになっている。ちなみに「AQUOS PHONE」は動画を本体メモリと外部メモリ(microSD)に保存できるため、microSDを取り替えることで、ユーザーは大量の録画をすることができる。

 また、録画予約に関しては「Gガイド」の番組表で普通のビデオレコーダーのように行えるのもいい。

ワンセグより圧倒的に美しいフルセグ映像。写真はドックに接続した「AQUOS PHONE」
ドックに接続した「ARROWS」
「AQUOS PHONE」で番組表を表示したところ

●フルセグ搭載スマホの弱点とは?

 しかし、フルセグ搭載もいいことばかりでもない。

 問題の1つはアンテナ感度だ。ワンセグは解像度が低いかわりに、電波をキャッチしやすく、室内でもそこそこ視聴できる。これに対してフルセグは、より電波状態が良くないと正常に受信できない。「AQUOS PHONE」の搭載するようなアンテナでは戸外ではほぼ受信できるものの、室内での視聴はかなり厳しいのだ。大型のテレビ用アンテナでも、いい角度でかつ窓際などでないと受信しづらいため、室内アンテナで地デジを視聴している人なら実感できる話だろう。主に戸外でしか使えないと考えておく必要があるわけだ。

 室内でもフルセグが受信できるようなポータブルテレビもあるが、それらは高感度なダイバーシティアンテナを搭載したような製品で、「AQUOS PHONE」のような普通のスマホのアンテナでは無理な話だ。

「AQUOS PHONE」のアンテナ。ワンセグ搭載機よりは少し長いアンテナだが、テレビのアンテナとしてはプアだ

●録画には大容量microSDメモリカードを

 また、「AQUOS PHONE」はフルセグ録画ができるが、高画質なフルHD映像の録画には大きな容量が必要になり、1時間の録画で約8GBの容量になる。25GBのブルーレイディスクに地デジ映像が約3時間しか録画できないのだから無理もない。2〜3時間のテレビ番組や映画を録画しようと思ったら、16〜32GBのmicroSDメモリカードを用意する必要がある。

 視聴した後に消せば、何度でも使えるわけだが、録画を保存しておきたいようなユーザーの場合、大量のmicroSDカードが必要になりそうだ。「ARROWS」のように録画はワンセグというモデルであればこの問題はないが、逆に粗い映像でしか録画できないので、ちょっとがっかりだ。

ワンセグが72時間50分録画できる空き容量で、フルセグは33分しか録画できない

 いずれにしても高画質なフルセグ映像を見慣れてしまうと、もうワンセグには戻れない。フルセグチューナー搭載は、今後のスマホ選びの重要なポイントの1つになっていく予感がする。現在のシャープ、富士通を除く国内メーカーのスマホのトップモデルはワンセグチューナーを搭載しているが、今後、これがフルセグチューナーに変わっていく可能性は高そうだ。
(文=一条真人/フリーライター)

■おすすめ記事
HKT指原の収入額を聞いたフット後藤ら驚愕、指原「好みの男性のタイプは口堅い人」
渡辺直美、前川清の息子に告白「一緒にしゃぶしゃぶ屋に」と返事、交際に発展へ含み
図書館はTSUTAYAとスタバの“おまけ”?  民間委託で利用者急増も、トラブル&疑問の声が噴出
ホンダF1復帰の思惑とは?マクラーレン・ホンダ復活の影に新興国市場と環境技術革新
「やぶ医者」の“やぶ”ってなに? 意外に知らない日本語の成り立ちとは!?

最終更新:2013/05/23 14:00
こんな記事も読まれています

ついに高画質フルセグ搭載スマホ登場 普及のカギ/課題は大量録画と受信感度のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

ジャニー氏逝去をめぐる情報操作

 7月9日23時半、テレビやスポーツ紙 の ...…
写真
インタビュー

岩井ジョニ男インタビュー!

 いま「おじさん」は、かつてないほど苦境に立たされている。ズレた発言、ズレたLINE...…
写真