日刊サイゾー トップ > 芸能  > 能年玲奈に振られたキムタク

“大コケ確実”!? TBSキムタク新ドラマ『安堂ロイド』を蹴った『あまちゃん』能年玲奈の戦略

nounen1002.jpg「能年玲奈 2014カレンダー」

「当初は、能年さんの予定だったんです」

 そう明かすのはTBS関係者。最終話で驚異の平均視聴率42.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を叩き出した同局の『半沢直樹』に代わり、10月からスタートするのがSMAP・木村拓哉主演の『安堂ロイド~A.I. knows LOVE?~』だ。「時空を超えたラブストーリー」という謳い文句で、木村は100年先の未来から大切な人を守るために現代に送り込まれた、アンドロイド・安堂ロイドと、大学教授で天才物理学者・沫嶋黎士(まつしま・れいじ)の2役を演じる。


 黎士の婚約者で、ロイドが命をかけて守り抜くヒロイン・安堂麻陽(あんどう・あさひ)役は柴咲コウ。木村の妹役には、国民的アイドルグループAKB48の大島優子が起用される。

 だが当初、大島の役は、28日に最終回を迎えたNHK朝の連続ドラマ『あまちゃん』の能年玲奈だったという。

「早い段階で能年さんにオファーをかけていて、一度は前向きな返事をもらっていたんです。ところが、途中で『やっぱりすいません』と事務所から断りの連絡があり、その後、大島さんに決まった。オファー段階では『半沢直樹』がここまでヒットするとは分からなかった。半沢の後というプレッシャーからという理由ではなさそうです」とはテレビ関係者。

 『半沢直樹』の反動もあり、『安堂ロイド』は大コケ確実とウワサされているだけに、今となっては能年サイドの判断は賢明だったのかもしれない。

「能年サイドは、単なる“あまちゃん女優”で終わらせないために、次の出演作品を吟味しているんです。キムタクドラマはやはりキムタクのイメージが強く、“オイシくない”と判断したようです。それでいて大コケすれば『能年も出ていたのに……』と評価されますからね」(芸能プロ関係者)

 かといって、慎重になりすぎれば、せっかくの“あまちゃんの追い風”も無駄になる。しばらく能年の苦悩は続きそうだ。

最終更新:2013/10/02 08:00

“大コケ確実”!? TBSキムタク新ドラマ『安堂ロイド』を蹴った『あまちゃん』能年玲奈の戦略のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

アルフィー高見沢かつら疑惑につっこみ!

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

家族を介護する“ヤングケアラー”の孤独と本音

「当初は、能年さんの予定だったんです」 そう明かすのはTBS関係者。最終話で驚異の平均視...
写真