日刊サイゾー トップ > 社会  > 伊豆大島で大麻信仰者が大暴れ

伊豆大島台風被害に乗じて“大麻信仰者”たちがマスコミ相手に大暴れ「私たちを映して!!」

Northern-lights-flowering.jpg麻の花冠(Wikipedia」より)

 台風26号によって30名以上の死者が確認されるなど、甚大な被害を受けた伊豆大島。行方不明者の捜索が今も続いている中、地元で迷惑な騒動が起こっているという。

「これは神風特攻隊の怒りだ!」

 取材に訪れたテレビディレクターにいきなりまくし立てたのは、地元在住だという中年男性。

「占領政策で押しつけられた大麻取締法で日本の伝統文化が破壊された。その復活を願う先人たちのために戦った同志が犯罪者にされた。これに日本を守って散った6,000人の神風特攻隊が怒った。この天災は先人たちの怒りが起こしたものだ!」

 男性の連れとみられる2人の若い女性も、ディレクターに「私たちを映して、メッセージを撮影して流して」と、しつこく頼んできたが、断られると「あんたの地元も不幸になるよ」と捨てゼリフを吐いて、ほかのメディア関係者のもとへ走ったという。

「女性の着ていたトレーナーには大麻の葉の絵が描かれていて、話の内容から彼らが大麻解放運動をやっている連中だったのでしょうが、多くの取材陣が困惑していました」とディレクター。

 大島での大麻運動といえば一昨年、現地の民家で大麻を隠し持っていた大麻取締法違反の現行犯で大麻研究家ら7名の男女が逮捕。当時、警視庁組織犯罪対策課からは「大麻を用いて宗教的な儀式などを行うサークルがあった」という話が出ていた。グループの中心人物は4月の一審で懲役1年、執行猶予3年の有罪判決を受けたが、今回ディレクターに訴えてきた男性が、その一員だった可能性もある。

 いずれにせよ台風被害の原因を大麻取締法と結びつけるのは、あまりに荒唐無稽な主張だが「実はあの中年男性が叫んだ後で、それを目撃した地元の方からは“相手にしないでくれ”と言われたんですよ」とディレクター。

 住民の話では、以前男性らが民家を一軒ずつ回って大麻の使用賛成の署名を求め、断られると“非国民”だの“愛国心がない”だのと、まるで今回の騒動のように罵倒してきたというのだ。

12
関連キーワード

伊豆大島台風被害に乗じて“大麻信仰者”たちがマスコミ相手に大暴れ「私たちを映して!!」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

「女子メンタル」峯岸みなみの攻防と彼女たちの“物語”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

瓜田純士、田代まさしに去勢を提案!?

伊豆大島台風被害に乗じて“大麻信仰者”たちがマスコミ相手に大暴れ「私たちを写して!!」 ...
写真