日刊サイゾー トップ > 芸能  > 海老蔵に歌舞伎界からブーイング

正月特番ギャラは3,000万円! 本業以外で稼ぎまくる市川海老蔵に、歌舞伎界から猛反発も!?

eb1203.jpgABKAI 市川海老蔵オフィシャルブログより

 歌舞伎俳優・市川海老蔵のドキュメンタリー特番『疾風怒濤の“KABUKI者” 市川海老蔵にござりまする』(日本テレビ系)が来年1月3日に放送される。


 スポーツ紙などによると、番組は2008年に、後に妻になるフリーアナウンサーの小林麻央と同局のニュース番組で初対面した際の映像から、来年1月2日に幕を開ける東京・新橋演舞場公演までの5年間を描き、VTRと併せて生放送。

 今年3月に誕生した長男・勸玄(かんげん)君を初披露しているほか、10年に被害に遭った暴行事件についても振り返り「麻央の献身的な愛に応えなければいけない」などと告白しているというだけに、海老蔵ファン必見の特番となっている。

「担当プロデューサーは、今年、山岸舞彩への“セクハラ疑惑”で『NEWS ZERO』から更迭された日テレの男性社員・Y氏。Y氏は、海老蔵と麻央が出会ったインタビューをセッティングしたキューピッド。昨年12月、フジテレビが急逝した中村勘三郎さんの追悼特番を放送し、13.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)の高視聴率を記録。Y氏は『フジの特番を超えるぞ!』と気勢を上げている。海老蔵特番の“功績”で、第一線への返り咲きを狙っていると思われる」(日本テレビ関係者)

 気になる海老蔵のギャラだが、「週刊新潮」(新潮社)12月5日号によると、日テレから海老蔵には3,000万円が支払われるとか。

「通常の歌舞伎公演は1カ月で、海老蔵クラスだと700万円ほど。それに比べたら破格のギャラ」(歌舞伎関係者)というが、海老蔵は2人の子どもの将来のためにも、必死に本業以外で稼ぐ気のようだ。

「今年に入って突然、大手ブログサービスでブログを始めて以降、頻繁に更新。ランキングは常に芸能人部門でトップ10をキープしているが、そのブログサービスはアクセス数によって報酬が支払われるため、多くの芸能人が利用しているといわれる。暴行事件以降、CMのオファーはないが、父・團十郎が松竹に肩代わりしてもらった巨額の借金の返済や、子どもの将来に向けての貯蓄など、これまで決してやらなかったプライベートの切り売りをしてでも稼ぐつもりのようだが、あまりにも“脱線”すると歌舞伎界の反発が高まりそう」(同)

 もともと、歌舞伎界では異端児だった海老蔵だが、副業に熱を入れすぎて本業をおろそかにすることだけは避けてほしいものだ。

最終更新:2013/12/04 08:00
こんな記事も読まれています

正月特番ギャラは3,000万円! 本業以外で稼ぎまくる市川海老蔵に、歌舞伎界から猛反発も!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

ジャニーの陰を書かぬメディア

今週の注目記事・第1位「『貴景勝』ご祝儀270...…
写真
インタビュー

5lack×前野健太対談後編】

 5lackが、オリジナルアルバム『KESHIKI』をリリースした。これを記念し...…
写真