日刊サイゾー トップ > エンタメ > テレビ  > みの「珍プレー」8年ぶり復活か

みのもんた非難から一転、歓迎ムードへ!?『珍プレー好プレー』伝説のナレーション8年ぶり復活か

minomonta1226.jpg

 次男の逮捕を受け、『みのもんたの朝ズバッ!』などTBSのレギュラー番組2本を降板したみのもんた。レギュラー出演中の『秘密のケンミンSHOW』(日本テレビ系)も来年3月で契約が切れるとみられ、唯一残るラジオ番組もスポンサーがCM自粛を続行中だ。

 そんな窮地のみのが、「週刊朝日」(朝日新聞出版)の取材に対して、フジテレビから『プロ野球珍プレー好プレー大賞』のナレーションの仕事が舞い込んだことを明かし、「何年ぶりですかね。よく僕を思い出してくれたスタッフがいたな、と感謝しています」と語っている。

「これは、29日に放送されるSMAP・中居正広の番組『たまッチ!Presentsプロ野球珍プレー好プレー大賞2013伝説のナレーション完全復活 いつ見るの?いまでしょ!SP~』のことでしょう。番組サイトにみのの名前はありませんから、サプライズ企画なのかもしれません。『プロ野球珍プレー好プレー大賞』は、1983~05年に年2回放送され、みのの名調子で人気を博しました。しかし、Jリーグ人気に押されて視聴率が低迷し、野球ファンが惜しむ中、番組は終了。近年、『たまッチ!Presents』という形で数回復活しましたが、ナレーションはアンタッチャブル・山崎弘也やフジの局アナが務めていました。悪くはないんですが、結局は“みののモノマネ”なんですよね」(芸能記者)

 『プロ野球珍プレー好プレー大賞』は、初回放送から22年間にわたりみのがナレーションを務め、計43回放送された。みのに台本はなく、すべてアドリブで収録を行っていたといわれている。ゆえに、「さあ、いらっしゃいよ」「ちょっとちょっと~、審判~」「一発決めてやろうじゃないの~」「伸びて伸びて伸びて伸びて~」など、みの節全開の名言が誕生したのだろう。

 しかし、次男逮捕騒動から間もない今、みのの復活に難色を示す視聴者もいるのではないだろうか?

「確かに、騒動後もKY発言連発のみのへのバッシングは、未だに止みません。しかし、『プロ野球珍プレー・好プレー大賞』ともなれば、話は別ですよ。8年ぶりの復活を聞きつけ、野球ファンからは『やっぱりあの声じゃないと』『あのナレーションは、みのにしかできない!』『本当に嬉しい!』と喜びの声が上がっています。多くの野球ファンの心に染みついているのでしょう」(同)

 世間の猛バッシングから一転、野球ファンからの歓迎ムードが漂っているみの。はたして伝説のコメディリリーフは、本当に復活するのだろうか?

最終更新:2013/12/27 08:30
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

松本人志訴状のツッコミどころ

今週の注目記事・第1位「『岸田の金庫番』総理...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真