日刊サイゾー トップ > カルチャー  > 600円で食べ放題! 川越市役所食堂のバイキングは、お得……なのか?

600円で食べ放題! 川越市役所食堂のバイキングは、お得……なのか?

R0037942.jpg

 ルポライターの仕事は、実際に現地を訪れねば始まらない。というわけで2013年も、さまざまな地域を訪れては、見て食べて楽しんでみた。見たり聞いたりも重要だけれど、国内であっても、現地の人と同じものを食べてみるのは重要だ。食べ物は生命の根源。ゆえに、食べ物が貧しければ、人の心も荒んでいく。

 そんな中でも唖然としたのが、今回紹介する川越市役所の食堂である。官公庁関係の食堂は、基本的に無難な味である。決してまずくはない。あくまで、可もなく不可もない味なのである。昨年、国会議事堂に入居する吉野家の高級牛丼が話題となった。値段が高いだけあって、これはおいしい。しかし、この吉野家よりも一般市民が入りやすい衆参の議員会館の食堂はといえば、やっぱり官公庁の食堂にありがちな無難な味である。ちょっと高級感が味わえるのは、ウェイターが料理を運んでくることぐらいであろう。

 さて、本題に戻ろう。この川越市役所の食堂の目玉は、バイキングである。バイキングなのに、値段はたったの600円。官公庁の食堂は、一般の店舗よりも幾分か値段が安いのが当たり前だ。でも、バイキングで600円とは、これいかに?

 入り口の説明によれば「川越セット」と呼ばれるこのセットは、ご飯+味噌汁+メインと副食という構成だ。このうち、日替わりになるメイン以外は、すべておかわり自由なのだとか。

 「おかわり自由」「食べ放題」が人生で最も好きな言葉である筆者は、食券を購入し、喜びいさんで中へ。カウンターで食券を渡して待っている間に、すでに食べ放題はスタートだ。どこにも制限時間は書かれていない。すなわち、600円で時間も無制限? これはなんともサービスのよい食堂だろうか……。


12
こんな記事も読まれています
関連キーワード

600円で食べ放題! 川越市役所食堂のバイキングは、お得……なのか?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

炎上弁護士が語る「殺害予告」の真実

ルポライターの仕事は、実際に現地を訪れねば始まらない。というわけで2013年も、さまざま...
写真