日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 日テレが杏ドラマを発表したワケ
日テレさんも大変なんです

スポンサー降板が原因!? 早くも『明日ママ』の次クールドラマ“女・半沢”が発表された舞台裏とは

an128.jpg『連続テレビ小説 ごちそうさん Part1』(NHK出版)

「まさか、こんなに早く発表されるとは……」

 そう驚きの声を上げるのは、スポーツ紙デスクだ。4月スタートの日本テレビ系新水曜ドラマ(午後10時~)が、24日付のスポーツ各紙で報じられた。主演は絶好調のNHK朝ドラ『ごちそうさん』に主演する杏で、大ヒットドラマ『半沢直樹』(TBS系)で知られる池井戸潤氏の小説『不祥事』と『銀行総務特命』を題材にした、『花咲舞が黙っていない(仮)』だ。

 朝ドラ&半沢コンビということで話題性は十分。杏は「男女問わず働いている皆さま、そして家庭でも、日々言いたくても言えないことがたくさんあると思いますが、私の演じる花咲舞が、正しいと思ったことを頑張ってぶつけてみます!」とコメントしている。まさに、“女・半沢直樹”といったところのようだ。

 とはいえ、1月クールのドラマはまだ始まったばかり。しかも、同枠は現在、人権騒動が持ち上がっている芦田愛菜主演の連ドラ『明日、ママがいない』が放送されている。それだけに、こんなうがった見方も……。

「“明日ママ”は番組スポンサーが全降板するなど、非常事態。ネガティブ報道も相次ぎ、日テレ関係者は頭を抱えていた。それを払拭するために、フライングを承知で杏さんのドラマを発表したのかもしれない」(スポーツ紙記者)

 テレビ関係者も「24日付で掲載されたということは、記事を組んだのは23日。その日は『明日、ママがいない』第2話の視聴率が発表された日でもある。それも、関東地区では初回から0.5%下がって13.5%。スポンサー離れに加え、数字もダウンではシャレにならない。翌日のスポーツ紙でデカデカと報じられないためにも、杏のドラマの制作ニュースをぶつけてきた可能性はある」と推察する。

 こんな話が飛び出すのも、一連の“明日ママ騒動”が原因。杏は負の連鎖を断ち切ることができるか――。

最終更新:2014/01/29 11:28
こんな記事も読まれています

スポンサー降板が原因!? 早くも『明日ママ』の次クールドラマ“女・半沢”が発表された舞台裏とはのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

横浜銀蝿・翔が語る、バンド誕生秘話

「まさか、こんなに早く発表されるとは……」 そう驚きの声を上げるのは、スポーツ紙デスクだ...
写真