日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 日テレが杏ドラマを発表したワケ
日テレさんも大変なんです

スポンサー降板が原因!? 早くも『明日ママ』の次クールドラマ“女・半沢”が発表された舞台裏とは

an128.jpg『連続テレビ小説 ごちそうさん Part1』(NHK出版)

「まさか、こんなに早く発表されるとは……」

 そう驚きの声を上げるのは、スポーツ紙デスクだ。4月スタートの日本テレビ系新水曜ドラマ(午後10時~)が、24日付のスポーツ各紙で報じられた。主演は絶好調のNHK朝ドラ『ごちそうさん』に主演する杏で、大ヒットドラマ『半沢直樹』(TBS系)で知られる池井戸潤氏の小説『不祥事』と『銀行総務特命』を題材にした、『花咲舞が黙っていない(仮)』だ。

 朝ドラ&半沢コンビということで話題性は十分。杏は「男女問わず働いている皆さま、そして家庭でも、日々言いたくても言えないことがたくさんあると思いますが、私の演じる花咲舞が、正しいと思ったことを頑張ってぶつけてみます!」とコメントしている。まさに、“女・半沢直樹”といったところのようだ。

 とはいえ、1月クールのドラマはまだ始まったばかり。しかも、同枠は現在、人権騒動が持ち上がっている芦田愛菜主演の連ドラ『明日、ママがいない』が放送されている。それだけに、こんなうがった見方も……。

「“明日ママ”は番組スポンサーが全降板するなど、非常事態。ネガティブ報道も相次ぎ、日テレ関係者は頭を抱えていた。それを払拭するために、フライングを承知で杏さんのドラマを発表したのかもしれない」(スポーツ紙記者)

 テレビ関係者も「24日付で掲載されたということは、記事を組んだのは23日。その日は『明日、ママがいない』第2話の視聴率が発表された日でもある。それも、関東地区では初回から0.5%下がって13.5%。スポンサー離れに加え、数字もダウンではシャレにならない。翌日のスポーツ紙でデカデカと報じられないためにも、杏のドラマの制作ニュースをぶつけてきた可能性はある」と推察する。

 こんな話が飛び出すのも、一連の“明日ママ騒動”が原因。杏は負の連鎖を断ち切ることができるか――。

最終更新:2014/01/29 11:28

スポンサー降板が原因!? 早くも『明日ママ』の次クールドラマ“女・半沢”が発表された舞台裏とはのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

小室圭さん母の元婚約者が最後の“賭け”?

今週の注目記事・第1位「後援者2500人パー...…
写真
インタビュー

山田邦子がYouTuberに!?

「まさか、こんなに早く発表されるとは……」 そう驚きの声を上げるのは、スポーツ紙デスクだ...
写真