日刊サイゾー トップ > 芸能  > 佐村河内氏に3億円請求も?

総額3億円超!? “偽ベートーベン”佐村河内守を待つ賠償請求ラッシュ――

samuragochi0209.jpg『火の鳥/東京佼成ウインド・オーケストラ・ライヴ』(日本コロムビア)

 ゴーストライターを使っていたことが発覚した“偽ベートーベン”の佐村河内守氏は、今ごろ賠償金地獄に戦々恐々だろう。

 桐朋学園大非常勤講師・新垣隆氏の告発によりすべてが明らかとなり、佐村河内氏には批判の声が集中している。同時に彼の人生は暗転。コンサート企画会社の「サモンプロモーション」は、今月から5月まで予定していた全国17公演の中止を発表。チケットはすでに5,000枚以上が売れており、払い戻しだけでも4,000万円近い損失を被ることになる。押さえていた会場のキャンセル料などを含めれば被害は総額1億円を超え、同社は佐村河内氏への損害賠償を検討中だ。

 このほか、同氏の「交響曲第1番 HIROSHIMA」や、男子フィギュアの高橋大輔の使用楽曲「ヴァイオリンのためのソナチネ」の楽譜をレンタル・販売する音楽出版社も、数百万円の損害賠償請求を起こす構えという。

 最もシャレにならないのは、CD発売元の「日本コロムビア」だ。騒動のせいで全CDは出荷停止。「ソチ五輪で高橋選手が活躍すれば、再び楽曲がヒットすると考えていた。それも全部オジャンになった」(同社社員)という。

 そればかりか、同社には購入者から返金を求める電話も殺到している状況。現時点で個別の返金に応じる予定はないというが「今後、全聾(ろう)と思われていた佐村河内氏の耳が実は聞こえていたとなれば、コロムビアにも『本当は知っていたんだろ!』と批判の声が浴びせられる。CD購入者が集団で返金を求めるケースも考えられる。もしそうなれば、返金分の損失は佐村河内氏に請求することになる」(同)という。

 仮にすべてが賠償請求されれば、総額は「3億円以上」(音楽関係者)とも……。世間を欺き続けた代償は甚大なものになりそうだ。

最終更新:2014/02/10 17:32

総額3億円超!? “偽ベートーベン”佐村河内守を待つ賠償請求ラッシュ――のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

占い番組人気で、興味津々!?

予期しなかった恋愛が突然成就したりして、みんな占いの結果に興味津々?!
写真
人気連載

新旧レジェンドラーメン店を再現したカップ麺3選!

現在のラーメン文化の礎になったレジェンドラーメン...…
写真
インタビュー

上野「CASTLE RECORDS」の大きすぎる功績

ゴーストライターを使っていたことが発覚した“偽ベートーベン”の佐村河内守氏は、今ごろ賠償...
写真