日刊サイゾー トップ > 芸能  > みのラジオ新番組もスポンサーは

みのもんた“温情”文化放送でラジオ新番組も、拭えない「スポンサー不安」問題

minomonta1226.jpg

 次男・御法川雄斗氏の逮捕や、共演女性への“セクハラ疑惑”などで芸能活動が縮小していた、みのもんた。18日には27年間続いたラジオ番組『みのもんたのウィークエンドをつかまえろ』(文化放送)が、3月末で終了することが報じられた。

「『ウィークエンド』は騒動以降、スポンサーの明治とロッテがCMを自粛したまま放送が続くという異常事態だった。文化放送はタイミングを見計らいながら落としどころを探っていたが、みのが番組内で故・島倉千代子さんの葬儀を“(自分の)復帰にふさわしい舞台”と発言するなどして、リスナーから抗議が殺到。結局、2社がCM復帰しないまま番組が終了することになった」(芸能記者)

 すでにテレビ番組からは次々に降板し、レギュラー番組は、久本雅美と共にMCを務める『秘密のケンミンSHOW』(日本テレビ系)だけとなっているみのにとって、“古巣”である文化放送でのラジオ番組は最後の砦。同局の三木明博社長と旧知の仲であることからも、「打ち切り」には業界から驚きの声が上がっていたが……。

「4月から新番組を始める方向で調整が進んでいるようです。みのにとっては、文化放送の“温情”に救われる形になりそうですよ。ただし、リスナーからの厳しい目線は変わっていない。最近では、番組に対するクレームを提供企業に“電凸”するのがトレンドになっていることもあって、スポンサー探しには苦労することになるのでは?」(ラジオ関係者)

 とはいえ、ラジオ番組の制作費自体は、テレビとは比較にならないほどリーズナブルなもの。みの自身のギャラさえ折り合いがつけば、番組を継続することに障害はない。みのと文化放送の“蜜月関係”は、しばらく続きそうだ。

最終更新:2014/02/18 19:30

みのもんた“温情”文化放送でラジオ新番組も、拭えない「スポンサー不安」問題のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【サイゾー筋トレ部】始動!

腹筋インストラクター・腹筋王子カツオさんが、自宅でできる簡単筋トレを紹介!
写真
特集

中居正広”円満独立”の余波

中居クンが3月末でジャニーズ退所!新しい地図、キムタクとの関係は?
写真
人気連載

新型肺炎はペストではない!

今週の注目記事・第1位「安倍首相補佐官<和泉...…
写真
インタビュー

くまだまさし、テレビを断る理由

次男・御法川雄斗氏の逮捕や、共演女性への“セクハラ疑惑”などで芸能活動が縮小していた、み...
写真