日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > パンドラ映画館  > 池脇千鶴が“ジョゼ虎”以来となる本格覚醒だ! 10年に一度の勝負作『そこのみにて光輝く』
深読みCINEMAコラム【パンドラ映画館】vol.268

池脇千鶴が“ジョゼ虎”以来となる本格覚醒だ! 10年に一度の勝負作『そこのみにて光輝く』

hikarikagayaku01.jpg『そこのみにて光輝く』のヒロイン・千夏を演じた池脇千鶴。いいシナリオと肝の据わった女優がいれば、面白い映画ができることを実証してみせた。

 池脇千鶴が久々に本気を見せている。普段はユーティリティープレイヤーに徹し、打線のつなぎ役として製作サイドに重宝がられている池脇だが、きっちりとクリーンアップに据えられたことで、期待どおりの実力を発揮してみせた。彼女が女優としてのポテンシャルを遺憾なく発揮しているのは、『ジョゼと虎と魚たち』(03)以来ではないか。あの名作“ジョゼ虎”から、すでに10年経つ。10年の歳月を1本の映画のために惜しくもなく捧げてしまう、そんな豪気さと覚悟を池脇千鶴という女優は感じさせる。この作品のために10年間エネルギーを蓄えていたのではないか、そう思わせるほど『そこのみにて光輝く』の池脇千鶴は輝きを放っている。男たちを救済することも破滅に導くこともできる、生命とエロスの化身であるヒロイン・千夏役を見事に演じ切っている。

 『そこのみにて光輝く』は函館出身、熊切和嘉監督によって映画化された『海炭市叙景』(10)などで知られる作家・佐藤泰志(1949~1990年)が、唯一残した長編小説が原作。仕事を失い、ただ漫然と生きながらえていた主人公・達夫(綾野剛)が、千夏(池脇千鶴)というひとりの女性と出会うことで生きる気力を取り戻していく物語だ。浜辺の粗末なバラックで暮らす千夏には、寝たきりで性欲だけは旺盛な父、その介護をする無職の母、前科があるため保護観察中の弟・拓児(菅田将暉)という家族がいる。千夏ひとりで一家を支えなくてはならない。北国の小さな街に仕事は少なく、千夏はスナックで男たちが求めるままに体を預け、そのお金で家族を養っている。不幸のロイヤルストレートフラッシュを引き当ててしまったような女だ。だが、どこにも自分の居場所を見つけることができずにいる達夫は、パチンコ屋で知り合った拓児に連れられてきたバラックで千夏と出会い、猛烈に惹かれてしまう。この女のために生きてみよう。家族との温かい思い出のない達夫がそんな気持ちになるのは初めてのことだった。

123

池脇千鶴が“ジョゼ虎”以来となる本格覚醒だ! 10年に一度の勝負作『そこのみにて光輝く』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

芸能界訃報相次ぐ…

 ベテラン芸能リポーターの城下尊之氏が、とか...…
写真
インタビュー

里咲りさ×吉野七宝実スペシャル対談

池脇千鶴が久々に本気を見せている。普段はユーティリティープレイヤーに徹し、打線のつなぎ役...
写真