日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 女版半沢、独走状態は今だけ?

女版『半沢直樹』に「物足りない」の声も……好発進の『花咲舞が黙ってない』独走状態は“今だけ”!?

hanasaki0410.JPG日本テレビ『花咲舞が黙ってない』番組サイトより

 16日にスタートした杏主演の連続ドラマ『花咲舞が黙ってない』(日本テレビ系/水曜夜10時~)が、初回視聴率17.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録し、今クールにおいて民放トップに躍り出たことが分かった。

 原作は、『半沢直樹』(TBS系)で一躍名を馳せた作家・池井戸潤氏の小説『不祥事』『銀行総務特命』(共に講談社文庫)。初回では、地位も権力もない一銀行員の花咲舞(杏)が、社内の事件や不祥事を解決に導く“臨店班”に異動。出世コースから外れたベテラン行員・相馬健(上川隆也)とコンビを組み、ミスが見つかった茅場町支店へ。そこで、中島聡子(木村佳乃)のミスによる、新たな事件が発生する……というストーリーだった。

 ネット上で視聴者の評判をうかがうと、一部では「『半沢直樹』に比べると、物足りない」「痛快さはあまり感じなかった」「悪者がイマイチ。もっと憎たらしい演技をしてほしかった」といった不満も見られるものの、「銀行の内部事情が分かって、面白い!」「『ごちそうさん』もよかったけど、現代劇の杏ちゃんもかわいい」「『半沢直樹』ほどドロドロしてなくて、こっちのほうが好き」と、好意的な意見が目立つ。

「“女版『半沢直樹』”を期待していた視聴者からは、『少し物足りない』という意見もあるようですが、初回はあらかた好評の様子。しかし、最終回平均視聴率42.2%を記録した『半沢直樹』や、最高平均視聴率27.3%を記録した『ごちそうさん』(NHK)の杏人気にあやかりたい日テレとしては、初回17%台は少々物足りないともいえそう。また、今月27日からは、池井戸氏原作・唐沢寿明主演の連ドラ『ルーズヴェルト・ゲーム』もスタートする。同作は、『半沢直樹』と同じ“日曜劇場”枠での放送ということもあり、期待値も高い。そのため、『ルーズヴェルト・ゲーム』が始まった途端、『花咲舞が黙ってない』への視聴者の関心が薄れる可能性もあります」(テレビ誌ライター)

 杏は17日、初回の高視聴率を受け、「日テレドラマ初主演でドキドキしていましたが、初回好発進とうかがって、とてもうれしいです!」と、喜びのコメントを発表したが、今後も民放トップを独走することはできるだろうか?

最終更新:2014/04/17 23:00

女版『半沢直樹』に「物足りない」の声も……好発進の『花咲舞が黙ってない』独走状態は“今だけ”!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

ビートたけし、裏の素顔

 レギュラーを務めるTBS系情報番組『新・情...…
写真
インタビュー

なかやまきんに君インタビュー

16日にスタートした杏主演の連続ドラマ『花咲舞が黙ってない』(日本テレビ系/水曜夜10時...
写真