日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 「EXILEは大根」を払拭か

EXILE唯一の演技派!? 連ドラ『同窓生』出演のMATSUは「EXILEは大根」を払拭できるか

matsu0611.jpg

 EXILEのパフォーマー・MATSUが、7月10日スタートの連続ドラマ『同窓生 ~人は、三度、恋をする~』(TBS系/木曜21時~)で、カリスマ美容師役を演じることが分かった。

 同作は、柴門ふみ原作の大人のラブストーリー。連ドラ初主演の井浦新をはじめ、稲森いずみ、板谷由夏、松岡昌宏らが出演する。MATSUが演じる太郎は、稲森演じるあけひの夫。カリスマ美容師ながら、仕事のストレスからか、ちょっとしたことにいら立ち、携帯を壊したり椅子を蹴り上げたりと、力に訴えるようになってしまう、という役柄だ。

「MATSU演じる太郎は、ストーリーにおいてかなり重要な役どころ。MATSUといえば、2011年の川島海荷主演『ヘブンズ・フラワー The Legend of ARCANA』(同)で連ドラデビュー。その後、『ハガネの女 season2』(テレビ朝日系)で保護者役を演じるなど、地味な役が続いたものの、昨年には観月ありさ主演の連ドラ『ご縁ハンター』(NHK)で2番手に抜擢されています」(芸能ライター)

 しかしEXILEといえば、これまでメンバーの演技に「棒読み」「不自然に黒いし、EXILEにしか見えない」などと野次が飛ぶことも多く、「もっといい役者がいるのに……」「人気だけで役を取ってる」「音楽だけやってればいいのに」と厳しい声が上がることも。

「MATSUは、ファンの間でも“EXILE一の演技派”と呼び声が高い。昨年、AKIRAがサラリーマン役を演じた『ハニー・トラップ』(フジテレビ系)では、視聴者から『サラリーマンに見えない』という声が目立ったが、一方、『ご縁ハンター』で食品会社の研究員という地味な役を演じたMATSUに対しては、『この人、EXILEなの!?』『EXILEにこんな人、いたっけ?』という声が少なくなかった。視聴者はEXILEだということを忘れてストーリーに没頭できたようで、MATSUの演技も好評でした。しかし、MATSUは俳優仕事の際、“松本利夫”と本名で出演している。EXILEであることを押し出したほうが、EXILE全体の評価につながりそうなものですが……」(同)

 MATSUが足掛かりとなり、EXILEは「大根」というイメージを払拭することはできるだろうか?

最終更新:2014/06/11 16:38
こんな記事も読まれています

EXILE唯一の演技派!? 連ドラ『同窓生』出演のMATSUは「EXILEは大根」を払拭できるかのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

ダイアン、東京進出のきっかけは…

EXILEのパフォーマー・MATSUが、7月10日スタートの連続ドラマ『同窓生 ~人は、...
写真