日刊サイゾー トップ > 芸能  > 『からくり』打ち切りは英断?

他局の看板番組は好調なのに……明石家さんま『からくりTV』を打ち切ったTBSの決断は吉か、凶か

sanma0704.jpg美女にもハメられ、最近はいいことなし!?

 明石家さんまが司会を務めるクイズバラエティ番組『さんまのSUPERからくりTV』(TBS系)が9月いっぱいで打ち切られると、東京スポーツが報じている。同番組は1992年に、30分枠の『さんまのからくりTV』としてスタート。96年からは現在の番組名で1時間枠に拡大され、前番組から数えると累計で22年間にわたって放送されてきた長寿番組だった。


「かつては裏番組の『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)と並び同時間帯の人気番組で、90年代後半には番組最高視聴率の27%を記録したこともあります。しかし、昨今は視聴率が7~8%と低迷しており、打ち切りはやむなしでしょうね」(テレビ情報誌編集者)

 同紙によると、今回の打ち切りは突然の通告だったために、さんまは憤慨しているという。

「それはそうでしょうね。この4月の番組改編で長寿番組だった『はなまるマーケット』が打ち切られましたが、『からくりTV』の打ち切りの声は局内で上がりませんでした。他局のさんまさんの冠番組は、『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)がコンスタントに視聴率15%は記録しているし、『ホンマでっか!? TV』(フジテレビ系)は関東では10%少々ではあるものの関西ではやはり16%以上を記録していて、それなりに安定した視聴率を維持しています。なので、『からくりTV』の低迷の責任はさんまさんではなく、制作側にあると考えられていて、局内でもしばらくは安泰だと思われていたんです。今回の打ち切りは、さんまさんにとって寝耳に水だったはず」(同)

 確かに『からくりTV』は長寿番組であるがゆえに、ソフトとして疲弊していたことも事実。だが、一方で確実に2ケタの視聴率を取れる人気番組もTBSにはそれほど多くないという実情もある。視聴率は低迷していても、認知度の高い長寿番組を残しておいたほうが安全策だという考え方もある。『からくりTV』の継続か打ち切りかで、TBSがジレンマを抱えてきたことは想像に難くない。

 TBSとしては苦渋の決断だったようだが、果たして吉と出るか、凶と出るか?

最終更新:2014/07/04 11:24

他局の看板番組は好調なのに……明石家さんま『からくりTV』を打ち切ったTBSの決断は吉か、凶かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

中居正広”円満独立”の余波

中居クンが3月末でジャニーズ退所!新しい地図、キムタクとの関係は?
写真
人気連載

無料で読めるイチオシWEB漫画5選

小池百合子都知事の”週末の外出自粛要請”を受け、...…
写真
インタビュー

アンタッチャブル柴田が語る漫才

明石家さんまが司会を務めるクイズバラエティ番組『さんまのSUPERからくりTV』(TBS...
写真