日刊サイゾー トップ > 芸能  > 向井理に「男エリカ様」の声

「ブスは帰れ!」イケメン俳優・向井理の意外すぎる素顔 “男エリカ様”の呼び声も……

51yq55Qy75L.jpg『月刊MEN 向井理』(ポニーキャニオン)

 今年1月から放送された主演ドラマ『S―最後の警官―』(TBS系)が、平均視聴率は14.2%で民放キー局の1月クール連ドラの中でトップを記録し、同ドラマの映画化も発表されるなど、仕事が好調な俳優の向井理だが、その酒癖の悪さを東京スポーツが報じた。


 向井は出演する「アサヒビール」のCMで、お笑いコンビ・ニッチェと共演したが、同紙によると、その打ち上げの飲み会で向井の仰天素顔が明らかになったという。

 酒をガンガン飲んで悪酔いした向井は、ニッチェに対し「ブサイクは帰れ~」と口撃。ニッチェも受け返し、スタッフを笑わせていたというが、向井はその後も「ブスは帰れよ」と連呼。そのうち、周囲が向井にドン引き。それでも、大人の対応で二次会に誘ったニッチェに対し、「だから、さっきからブス帰れって言ってんだろ!」と言い放ったというのだ。

 テレビではさわやかイケメンキャラのイメージで売っている向井だけに、酒席の言動はあまりにもギャップがありすぎるようだが、向井の性格の悪さは業界内では知られた話だ。

「俳優としては真摯に仕事に取り組み、CM撮影でも自らアイディアを出すなど、スタッフとしては、やりやすい。ところが、事務所の方針で仕事以外のことはきちんと“指導”してこなかったのか、イベントなどでの取材対応は最悪。その日の機嫌次第で、ほとんどしゃべらなかったり、冗舌だったりと、まったく読めないので、感情の起伏が激しいエリカ様こと女優の沢尻エリカに例えられ、“男エリカ様”とも呼ばれている。普段からそんな感じだから、酒が入ってさらに性格が悪くなるのも納得」(テレビ関係者)

 向井といえば、女優の国仲涼子との交際が報じられ、「結婚秒読みともいわれたが、2人とも多忙なため、すでに破局したとの情報もある」(女性誌記者)というが、もし、すでに破局しているとしたら、向井の酒癖に国仲がドン引きした可能性もありそうだ。

最終更新:2014/07/23 18:34

「ブスは帰れ!」イケメン俳優・向井理の意外すぎる素顔 “男エリカ様”の呼び声も……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

非正規雇用者を襲うアリ地獄

 真面目に働けば働くほど、生活は苦しくなり、...…
写真
インタビュー

脳みそ夫が語る地下芸人時代

今年1月から放送された主演ドラマ『S―最後の警官―』(TBS系)が、平均視聴率は14.2...
写真