日刊サイゾー トップ > 海外  > 中国でLINE完全遮断か?

上場にも影響が!?  中国LINE完全遮断で飛び交うさまざまな臆測

「中国では、独自のチャットアプリ『微信』が普及しており、登録ユーザー数は6億人以上とも伝えられている。一方、LINEは中国市場に本格参入してわずか1年で、1億人ほどのユーザーを獲得したとみられており、新参者ながら微信を猛追していた。そんな中、日米での上場申請というタイミングで起きたLINEの完全遮断は、微信が画策したのではといううわさもまことしやかに流れている。LINEは、反政府的キーワードのいわゆる『敏感語』を自ら500語以上設定し、それらを含むメッセージの送信をブロックするという自主検閲を行うなど、中国当局には従順な態度を示してきただけに、2012年にグーグルが中国の検閲に逆らい、撤退に追い込まれたケースとは訳が違う」

 今回の完全遮断がいつまで続くのか、また、日米で控える上場にどんな影響を及ぼすかは不明だ。しかし、いずれにせよ、上海地下鉄のラッピング広告をはじめ、金に糸目をつけない大規模なPRイベントを全国各地で展開してきたLINEにとって、大きな痛手となるのは必至だろう。
(文=牧野源)

最終更新:2014/07/23 14:00
12
関連キーワード

上場にも影響が!?  中国LINE完全遮断で飛び交うさまざまな臆測のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

小室圭さん母の元婚約者が最後の“賭け”?

今週の注目記事・第1位「後援者2500人パー...…
写真
インタビュー

鉄道で迫ったシベリア抑留の真実

 東京証券取引所と米国証券取引委員会(SEC)に新規株式公開(IPO)を申請し、ともに...
写真