日刊サイゾー トップ > 芸能  > 阿部寛がやたら全裸になる映画

「阿部寛が、やたら全裸に」吉永小百合最新作『ふしぎな岬の物語』海外映画祭出品の裏事情

abehiroshi0731.jpg

 吉永小百合の最新主演作で、初めて企画を手がけた映画『ふしぎな岬の物語』(成島出監督、10月11日公開)の完成報告会見が16日に都内で行われ、吉永や共演の阿部寛らが出席した。


 同映画は8月21日からカナダで開催される「第38回モントリオール世界映画祭」のワールド・コンペティション部門に出品されることが決定。8月29日(現地時間)に行われる公式上映に向けて、吉永と阿部が現地入りする予定だという。吉永は会見で「向こうでしっかり作品をアピールできるように、モントリオールはフランス語なんで、フランス語も勉強している」と意気込みをのぞかせたが、出品が決まった裏には“コネ”があったようだ。

「映画の配給元は東映だが、同社と同映画祭のパイプは太く、同社配給作品では1999年に『鉄道員』の高倉健が主演男優賞を受賞。昨年は日本でもそれほど話題にならなかった『利休にたずねよ』が最優秀芸術貢献賞を受賞。吉永個人は海外映画祭無冠だけに、今回は、受賞が期待されている」(映画ライター)

 すでに試写会が行われており、肝心のストーリーが気になるところだが、ストーリーを差し置いて目立ったのは、映画『テルマエ・ロマエ』シリーズ2作がいずれもヒットした阿部だったという。

「阿部は『テルマエ』で、鍛え上げられた肉体美を存分に披露。『ふしぎな』の撮影は今年に入ってから行われたが、まだ阿部の肉体は衰えておらず、プロレスの試合をしたり、屋外での全裸入浴シーンがあるなど、やたら脱いでいた。あれだけ作品に登場したからには、吉永が阿部の肉体美にほれ込んだのでは」(試写を観賞した映画関係者)

 会見では吉永が阿部のことを『テルマエ』と、『ふしぎな』での役名を掛け合わせて「テルマエ浩司さん」と呼ぶひと幕もあったというが、阿部は“裸一貫”で吉永のハートを射止めてしまったよう。映画祭の審査員たちは、どう評価するだろうか?

最終更新:2014/07/31 08:00
こんな記事も読まれています

「阿部寛が、やたら全裸に」吉永小百合最新作『ふしぎな岬の物語』海外映画祭出品の裏事情のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

アインシュタイン稲田、今後の課題

 今回取り上げるのは“稲ちゃん”こと、アイン...…
写真
インタビュー

売れっ子おじさん俳優・川瀬陽太の素顔

吉永小百合の最新主演作で、初めて企画を手がけた映画『ふしぎな岬の物語』(成島出監督、10...
写真