日刊サイゾー トップ > 連載・コラム  > 蛭子能収のヤバさを再検証 
週刊!タレント解体新書 第8回

蛭子能収というリアルドキュメンタリー フジ『ウチくる!?』(8月3日放送)を徹底検証!

ebisu0806.jpg

 蛭子能収がいま、アツい。テレビ東京『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』での太川陽介とのタッグでブレークし、6月に放送された『ソロモン流』(同)では、賢人としてまさかの抜擢。この8月には、NHK総合『スタジオパークからこんにちは』やフジテレビ系『ウチくる!?』に大々的に取り上げられ、その勢いは止まることを知らない。

 蛭子能収といえば、確かに長年タレントや俳優としてテレビに出演しており、かつて宮沢りえの父親役としてドラマ『いつも誰かに恋してるッ』(フジテレビ系)に出演した際は、「父親にしたいタレントナンバーワン」に輝いたこともある。だが、根本敬をはじめとする蛭子能収研究を読んだことのある者にとっては、それは明らかに虚像としてのブレークだった。だが、いま現在の蛭子能収の売れ方は、むしろ生々しい動物としての蛭子能収にスポットが当てられている感がある。

 テレビというメディアの特性の一つに、「檻」という側面がある。その中で起こったハプニングや生々しい人間の姿を、檻の外から視聴者が眺めるという構図だ。たとえば大家族ものや大食い番組がそれに当たる。怖いもの見たさであったり、グロテスクなものに惹かれるという人間の本能を、テレビという「檻」の外から我々は眺める。現在の蛭子能収の売れ方はそれに近い。予定調和を一切無視し、共演者や視聴者までをもイラつかせるが、そこが魅力的でもある。言わば蛭子能収は、動物ドキュメンタリー的な楽しみ方を視聴者に提供しているのだ。

 そんな中でも、8月3日に放送された『ウチくる!?』は、蛭子能収のヤバさが巧妙に引き出された良質なテレビ番組であった。思わず「マジか」と口に出てしまうような蛭子能収の生々しいエピソードと言動がギリギリの線で取り上げられていたため、ここではランキング形式で紹介してみたい。

<第10位>
 番組冒頭で「長崎物語」という銘菓を紹介。MCの中山秀征、中川翔子と一緒に食べるのだが、口の中の水分を奪うバームクーヘン的なお菓子だったため、味の感想を待たずに「何か飲み物がいるような……」と、いらんことを発言する蛭子能収。

<第9位>
 自身のオススメグルメ店で食レポ。食べるのに夢中になって無言がちになる一同。中山秀征が「ここまで黙々と食べてしまうってことは、相当うまいってことですから!」と蛭子に話しかけるが、完全に無視する蛭子能収。

<第8位>
 自身のマンガ家としての活動を紹介する際、真面目に表現論を語り出す中山秀征に対して「スゴいキチンとしたこと言いますねえ」と、失礼すぎる感想を述べる蛭子能収。

<第7位>
 定食屋でのトークに飽き始めてしまったため、突然お箸の袋をなんの意図もなくビリビリに破き始める蛭子能収。

<第6位>
 ゲストとして大林素子と松岡ゆみこが出演。「美女に囲まれて……」という会話の流れで「そんなに美女ってわけじゃない」と、正直すぎる感想を口にする蛭子能収。

12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed