日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 週刊誌スクープ大賞  > 朝日を糾弾する週刊誌に疑問符

朝日新聞「慰安婦虚報」を糾弾する週刊誌に疑問符 日本人は本当に“被害者”なのか――

hung0820.jpg「週刊ポスト」8/29号 中吊り広告より

今週の注目記事
「朝日新聞『慰安婦虚報』の『本当の罪』を暴く」(「週刊ポスト」8/29号)
「『従軍慰安婦記事』日本人を貶めた朝日新聞の大罪」(「週刊現代」8/30号)

「韓国・朴槿恵は『密会男』に操られていた!」(「週刊現代」8/30号)

「『エボラ出血熱日本上陸』の最大リスクは『中国人とコウモリ食』だ」(「週刊ポスト」8/29号)

「タイで15人の赤ん坊をつくったIT御曹子(24歳)の奇抜な家族観」(「週刊ポスト」8/29号)

「竹中平蔵『日本の消費税増税は失敗する』」(「週刊ポスト」8/29号)

「ユニクロ・柳井が封印した『一族』の物語」(「週刊現代」8/30号)

「日本人女性『1000人のオナニー』」(「週刊ポスト」8/29号)

 今週は、現代とポストが合併号開けの平常号である。休みの間、STAP細胞の笹井芳樹氏の自殺があり、朝日新聞では慰安婦報道の検証があったりで、満を持しての「特集」を期待していたのだが、笹井氏の自殺に関してはめぼしい記事はなかった。

 朝日新聞の誤報検証記事についても、現代までが朝日新聞の「大罪」を指弾しているが、内容的にはポストと同じ目線である。当然ながらポストのほうが朝日新聞、慰安婦問題批判には年季が入っているから、内容的にはポストの圧勝。

 今週水曜日に発売される文春、新潮の朝日新聞についての記事も、大方想像がつく。

 といったわけで、今週は順位をつけるほどの記事がなかったので、全部平場、ドングリの背比べ的並べ方になった。

 まずは、ポストが全国の女性1,000人に聞いたオナニーについてのレポートから。

 そのうち既婚者の比率は約65%で、子どもがいる女性が全体の6割弱を占める。年齢層は20~82歳までで、平均年齢は44.6歳だそうだ。

 小見出しを並べてみる。オナニーは4割超の女性が「したことがない」。セックスとオナニーは完全に別腹である。一番したくなるのは「生理前」と「排卵前」。約半数が「5分以内」にちゃちゃっと済ませる。秘密のアイテムは「お風呂でシャワー」。過半数が「最高のおかずは妄想」。「オナニーしてます」言えるのはたった3割。死ぬほど恥ずかしい「親バレ」「子バレ」の瞬間。

 まあ、なんと言いましょうか、やはりこの~女性用オナニーグッズが売れるわけですな。


12345
こんな記事も読まれています

朝日新聞「慰安婦虚報」を糾弾する週刊誌に疑問符 日本人は本当に“被害者”なのか――のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

中東紛争を題材にした傑作映画

 笑ってはいけないシチュエーションほど、...…
写真
インタビュー

瓜田純士、実父への想いを歌う

今週は、現代とポストが合併号開けの平常号である。休みの間、STAP細胞の笹井芳樹氏の自殺...
写真