日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 東京、これから買える街  > タワマン購入、低リスク物件の傾向は?
不動産価格の高騰、ついに潮目がきた!不幸にならない再開発の街購入(タワーマンション編)

タワーマンションは今後も買える?値下がりリスクが少ない駅の傾向とは

文=相樂 喜一郎(さがら・きいちろう)

はじめに

タワーマンション今後も買える?値下がりリスクが少ない駅の傾向とは?の画像1 2020年の秋以降、都内の再開発地域を中心に40を超える駅の地価や人口などその状況を見てきました。

 ありがたいことに、マンションの購入を実際に検討している方から、相談がいくつか来ました。

 例えば、

「秋葉原で投資用マンションを買おうとしているが、実際どうか?」(30代女性)
「4年後に、町田に建つ新築マンションを買おうと思っている、大丈夫か?」(40代女性)
「データでこんなに分析している所は無かった。次はどこが良いか具体に教えてほしい」(40代男性)

 など、本当に熱心な質問をいただきました。

 ただ、都心のタワーマンションは1990年のバブルの最高値を超えるなど、いまだに人気に陰りが見えません。

 そのため、相場がどんどん上がってしまい、少しでも割安な物件は紹介している最中に売れてしまっている時もありました。

 タワーマンションには死角がないと思えるほど、一極集中が続いています。

タワーマンション今後も買える?値下がりリスクが少ない駅の傾向とは?の画像2
参照:不動産経済研究所『全国超高層マンション市場動向2022』より作成

 しかし、上のグラフの通り、2011年の東日本大地震以降、そのストックが着々と増え、一都三県で80,000戸を超えるまでに成長し、今後も160,000戸を超えるレベルまで計画されています。

 そのため、今後はタワーマンションと言えども、上がるもの、下がるものとやや選択が求められる過程に入ると思います。

タワーマンション今後も買える?値下がりリスクが少ない駅の傾向とは?の画像3
参照:不動産経済研究所『全国超高層マンション市場動向2022』より作成

 特に、千葉や神奈川、埼玉と比べ、東京23区は圧倒的な供給量があることが見て分かります。

 2026年以降も都心を中心にタワーマンションの供給が続くとみられ、今後は今まで以上に立地や企画などの希少性が求められると思います。

 例えば、立地に関しては、既に繁華性があった土地に建ったものだけでなく、再開発の一つとして、建ったものがあります。

 再開発の進捗と共に、地価や賃料が上がっている土地に建つタワーマンションの方が割安に買えることが多く、個人的にはオススメしたいと思っています。

 『後悔は知らなかったとダマされた』が主な原因です。でも、人生で一回、高い買い物のマンション、知らなかったでは済まされないですよね?

 今回、まずは「知らなかった」をなくすため、賃料やマンション価格に関して、いくつかデータを集めることができたので、以下、まとめました。

12345678

タワーマンションは今後も買える?値下がりリスクが少ない駅の傾向とはのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

女優・宮下かな子が送るサブスクエッセイ

宮下かな子さんがサブスクで観た作品を元に、俳優の日常を綴るエッセイ連載
写真
特集

夏枯れ? 豊作? 夏ドラマをチェック!

『石子と羽男』『競争の番人』『オールドルーキー』etc…夏ドラマをチェック
写真
人気連載

『鎌倉殿』とは大きく違う史実の全成

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

あらびき団に出ているだけでは売れない……

『HITOSHI MATSUMOTO Pre...…
写真