日刊サイゾー トップ > 芸能  > 小西真奈美主演映画のPRが物議

自殺者まで出たSTAP問題を宣伝利用!? 公開初日を前に、小西真奈美主演『風邪(ふうじゃ)』が大変なことに……

konishimanami0827.jpg

 理研の小保方晴子氏から始まった一連のSTAP論文問題。今月5日には、小保方氏の上司に当たる笹井芳樹氏が自殺を図った。これにより、メディアの間ではSTAP問題は取扱注意に……。

 そんな中、ある映画の宣伝手法が物議を醸している。それが、来月27日公開のサスペンス映画『風邪(ふうじゃ)』だ。地球上に存在する200種類にも及ぶ風邪ウイルスの特効薬を、ひとりの天才科学者・紀久生(窪塚洋介)が開発。彼の頭にしかない化学式を手に入れようと、秘密組織や小西真奈美演じる主人公が紀久生に接近し、激しい利権争いを繰り広げるというものだ。

 そんな同作をPRするために宣伝会社が取ったのが、驚きの行動。スポーツ紙関係者が明かす。

「マスコミ各社に作品紹介のFAXを送ってきたのですが、その最上部にデカデカと『この映画はSTAP細胞事件を予見していた!?』という文言があったのです。映画の中身を見る限り、科学的なストーリーではありますが、STAP問題とは似ても似つかない。アピールのためとはいえ『根性あるな~』と思いましたね(笑)」

 作品をPRするためなら手段を選ばないのが宣伝会社とはいえ、自殺者が出ているSTAP問題と絡めるのは逆効果。映画には主演の小西、窪塚以外にも柄本明、秋吉久美子、クリス・ペプラーなどが出演しており、初日の舞台挨拶も予定されているという。

 ワイドショー関係者は「あんなセールス文句を書かれては『STAP問題についてどう思うか?』と聞かざるを得ない。一家言ある窪塚さんは置いといて、ほかの役者さんは答えづらいでしょうね。一歩間違えればネット上で炎上する危険もはらんでいますから。囲み取材はNGになるでしょうね」と話す。

 事実、某出演者の所属事務所からは宣伝会社に「なんてことしてくれたんだ!」とクレームも入っているという。記念すべき公開初日が、ピリピリムードになることは間違いない。

最終更新:2014/08/27 10:00

自殺者まで出たSTAP問題を宣伝利用!? 公開初日を前に、小西真奈美主演『風邪(ふうじゃ)』が大変なことに……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

ビートたけし、裏の素顔

 レギュラーを務めるTBS系情報番組『新・情...…
写真
インタビュー

片山監督推薦の“韓国サスペンス作品”

理研の小保方晴子氏から始まった一連のSTAP論文問題。今月5日には、小保方氏の上司に当た...
写真