日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース  > 中国で「糞水療法」が流行中!?

人や動物の排泄物から、カエル生食まで……中国で奇抜な民間療法が広まるワケ

kanpo1107.jpgイメージ画像(Photo By Alpha from Flickr.)

 中国の農村部で、奇抜な民間療法が広がっている。湖南省湘潭県にある20世帯あまりの村で、がんの予防や治療のために牛と羊の糞を水に溶かして飲むことが流行しているというのだ。


 作り方は、排泄したての新鮮な牛と羊の糞をそれぞれ日干しし、加熱して乾燥処理した後、砕いて粉末に。その後、2種類の“糞末”を水に溶かして、朝晩2回服用するというのだ。

 聞くだけで嘔吐をもよおしそうなこの“糞水療法”は、村に暮らす老婆によって広められたという。末期の肺がんを患っていたこの老婆は、海南省で働く息子が名医から聞いたという糞水療法を試したところ、8カ月後には病状が改善されたというのだ。

 最近では、婦人科系の病気にも効いたという人も現れ、この村での糞水消費量は増える一方だという。

 健康になるどころか、逆に細菌やウイルスに感染してしまいそうだが、中国で排泄物を薬として服用する例は昔から存在するという。中国在住フリーライターの吉井透氏は話す。

「人の糞を乾燥させた人中黄は、解熱や解毒の効果があるとされる伝統的な漢方薬。また、子どもの小便の成分を抽出した薬や、胎児の排泄物なども体に良いとされてきた。動物では、コウモリやネコの糞が薬として珍重された歴史もある」

 排泄物以外にも、中国には非科学的な民間療法が横行している。5月には、糖尿病治療としてトノサマガエルの生食を続けていた男性が、寄生虫に冒されて死亡するという事件も起きている。

 その背景について、吉井氏はこう指摘する。

「医療制度の未整備によって、貧困層や農村には正規の医療サービスにアクセスできない者が多い。そういった人たちは、がんになってもまともな治療を受けることもできず、わらにもすがる思いで、どこかで聞いた非科学的な民間療法に手を出してしまうのでしょう。中流層でも、点滴や薬の乱処方を行う営利主義の医者たちの影響で医療不信が広がっており、民間療法が信仰されやすい状況にある」

 ネット上では笑い話となっている糞水療法だが、その背景はあまりにも悲しすぎる。
(文=牧野源)

最終更新:2014/11/07 18:00
こんな記事も読まれています

人や動物の排泄物から、カエル生食まで……中国で奇抜な民間療法が広まるワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

城島茂と菊池梨沙…破局も近い?

今週の注目記事・第1位「巨人『鈴木尚広』と『美...…
写真
インタビュー

朝倉兄弟『RIZIN』揃い踏みへ!

中国の農村部で、奇抜な民間療法が広がっている。湖南省湘潭県にある20世帯あまりの村で、が...
写真