日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > AKB48グループ  > 指原、恋愛OKに発言の茶番ぶり

HKT48・指原莉乃「恋愛OKにして」発言のバカバカしさ「まだファンをだまし続けるつもりか……」

sashihara0812.jpg撮影=後藤秀二

 HKT48の指原莉乃が、10日放送のバラエティ番組『UTAGE!』(TBS系)で、「恋愛OKにしてほしい」と声高に訴えた。

 番組のオープニング、出演者のE-girlsが“恋愛OK”だという話題に。続けて、MCのSMAP・中居正広が、指原やAKB48・峯岸みなみに、「恋愛禁止?」と問いかけると、暗い表情で「はい」「ダメですね」と返答。「恋愛をOKにすれば?」と投げかける中居に、指原は「OKにしてほしいと思ってますよ! 思ってますけど……」と立ち上がり、峯岸も「恋したいですよ」「(キス)したい」と話した。

 AKB48グループは、デビュー以降“恋愛禁止”を掲げて活動。過去には、男性とのプリクラが流出した西川七海(後に乃木坂46として活動)や、菊地あやか(後に研究生として復帰)が解雇されたほか、大場美奈がキャプテンを辞任、 指原莉乃がHKT48へ移籍させられるなど、数々の処分が行われていた。しかし、昨年2月に峯岸が起こした“丸坊主謝罪騒動”を重く捉えた運営は、報道自体を“完全スルー”する方針に変更。当然、メンバーへの処分もなくなった。

「相次ぐメンバーの恋愛スキャンダルに、もはやファンもすっかり慣れてしまい、それどころか恋愛を容認する空気まで漂っている。今年6月に、HKT48・村重杏奈がジャニーズJr.の阿部顕嵐との深夜デートを報じられた際にも、ジャニヲタが激高するばかり。村重のGoogle+のコメント欄は『何を謝ってるの? 必要ないよ♪』『気にする必要なし!』『私は何があろうと応援するからね』といったメッセージが圧倒的だった。今のAKB48グループは、もはや恋愛禁止でもなんでもありません」(芸能ライター)

 そもそも同ルールは、自然発生的に生じた不文律。今となっては、相当あやふやな状態だが、メンバーは相変わらず、テレビで「恋愛禁止」を嘆いてみせている。

「こんな状況で『恋愛禁止』のポーズを取り続ける運営に、正直『まだファンをだますつもりか……』という印象です。今や、ファンもメンバーに処分を求めていませんから。スキャンダルに見て見ぬフリをし、ファンに一切の説明もせず、メンバー本人からの謝罪すら許さない……、それでも白々しく『恋愛禁止』を掲げ続ける運営に、姑息さを感じます」(同)

 今のAKB48グループは、メンバーが「恋愛禁止」を嘆くには、少々苦しい状況のようだ。

最終更新:2014/11/12 19:46
こんな記事も読まれています

HKT48・指原莉乃「恋愛OKにして」発言のバカバカしさ「まだファンをだまし続けるつもりか……」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

バラいろダンディで広告離れ露呈

 2014年4月から“オトナの夜のワイドショ...…
写真
インタビュー

炎上弁護士が語る「殺害予告」の真実

HKT48の指原莉乃が、10日放送のバラエティ番組『UTAGE!』(TBS系)で、「恋愛...
写真