日刊サイゾー トップ > 芸能  > やしきたかじん楽屋、今もそのまま

“『殉愛』騒動”やしきたかじんの影響力衰えず「番組収録では、たかじんの楽屋が今もそのままに」

hyakuta1118s.jpg『殉愛』(幻冬舎)

「今、一番売れっ子作家の百田尚樹氏が執筆してるとはいえ、この出版不況で初版25万部ですからね。出版界では異例中の異例ですよ」(書店関係者)


 同書には、これまで語られることのなかった妻・さくらさんの看病日記や証言などはもちろん、たかじんさんが残した闘病日記などをベースに、百田氏が取材したとされる内容がつづられている。

「その内容に関して日々騒動が起こってますが、死してもなお、これだけ話題を振りまくのが、たかじんさんらしいですね。実際、冠番組もずっと“たかじん”という冠をつけたままですし、実は収録時には楽屋も常に用意しているんです。中はたかじんさんがいたときのままで、飲み物やお菓子が置いてあって、ドアは開けっ放しです。スタッフもその前を通るときは、みんな頭を下げて通ってます。すさまじい光景ですよ。それだけ慕われていたんでしょうね。相変わらず番組の視聴率もいいので、しばらくはこのまま続くんでしょう。先日、たかじんさんの特集が放送された『金スマ』(TBS系)も、関西では視聴率20%超えでしたからね」(テレビ局関係者)

 “浪花のトム・ジョーンズ”の影響力は、まだまだ関西テレビ界に色濃く残っているようだ。

最終更新:2014/11/18 13:02

“『殉愛』騒動”やしきたかじんの影響力衰えず「番組収録では、たかじんの楽屋が今もそのままに」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

菅野美穂の“バラエティ体幹”とリアリティ

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

YENTOWNの軌跡(前編)

今年1月に亡くなった歌手・やしきたかじんさん(享年64)の闘病生活がつづられたノンフィク...
写真