日刊サイゾー トップ > 芸能  > セカオワ深瀬の発言に違和感

セカオワFukase「『炎と森のカーニバル』は、きゃりーを題材」発言に“違和感”

51JH7+KCvvL.jpg「炎と森のカーニバル」(トイズファクトリー)

 12日、都内で行われた『第56回輝く!日本レコード大賞』の受賞記者会見に、交際宣言をしているきゃりーぱみゅぱみゅと、SEKAI NO OWARIのボーカル・Fukaseがそろって出席。ツーショット記者会見が実現した。


 優秀作品への同時受賞の心境を聞かれたFukaseが、「(受賞作の)『炎と森のカーニバル』という曲は彼女(きゃりー)を題材にした曲なので、とても不思議な気持ちです」と明かしたことで、セカオワ、きゃりー両ファンの間で大いに盛り上がったものだった。

 ところが、この発言に“違和感を禁じ得ない”と語るのは、マンガ誌の編集者だ。

「実は会見と同じ週に発売されていた『週刊少年マガジン』(講談社)誌上で、セカオワの実録マンガが掲載されているんです。中3時代のFukaseが後輩のSaoriを深夜に呼び出すシーンで、最近よく見る夢の話として『炎と森のカーニバル』のことを、歌詞に出てくる情景と合わせて語っているんです。この頃すでにイメージがあったわけですから、“きゃりーを題材”というのはマスコミ向けのリップサービスとしか受け取れません。そもそも歌詞では、魔法使いに『この恋は秘密にしておく』ように忠告されているのに、きゃりーとの関係はまったくのオープンですからね」

 一方、音楽関係者は、この実録マンガのほうに“違和感”があるという。

「マンガは非常に美化されていて、夢を持つ好青年として描かれていますが、実際、15~16 歳頃のFukaseは髪の毛をオレンジ色に染めたヤンキーで、メンバーも『Fukaseはよくケンカしていた』と語っています。友達が一人もいなかったというSaoriも、中2あたりからマイルドヤンキーになり、2人はそのつながりで親密になった」

 エンタテインメントの世界に脚色は付き物だが、感動していたファンは少し損した気分になるかもしれない。

最終更新:2014/12/20 08:00

セカオワFukase「『炎と森のカーニバル』は、きゃりーを題材」発言に“違和感”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

菅野美穂の“バラエティ体幹”とリアリティ

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

EXILE世界が選ぶ2020年最高のアニメ

12日、都内で行われた『第56回輝く!日本レコード大賞』の受賞記者会見に、交際宣言をして...
写真