日刊サイゾー トップ > 芸能  > セカオワ深瀬の発言に違和感

セカオワFukase「『炎と森のカーニバル』は、きゃりーを題材」発言に“違和感”

51JH7+KCvvL.jpg「炎と森のカーニバル」(トイズファクトリー)

 12日、都内で行われた『第56回輝く!日本レコード大賞』の受賞記者会見に、交際宣言をしているきゃりーぱみゅぱみゅと、SEKAI NO OWARIのボーカル・Fukaseがそろって出席。ツーショット記者会見が実現した。


 優秀作品への同時受賞の心境を聞かれたFukaseが、「(受賞作の)『炎と森のカーニバル』という曲は彼女(きゃりー)を題材にした曲なので、とても不思議な気持ちです」と明かしたことで、セカオワ、きゃりー両ファンの間で大いに盛り上がったものだった。

 ところが、この発言に“違和感を禁じ得ない”と語るのは、マンガ誌の編集者だ。

「実は会見と同じ週に発売されていた『週刊少年マガジン』(講談社)誌上で、セカオワの実録マンガが掲載されているんです。中3時代のFukaseが後輩のSaoriを深夜に呼び出すシーンで、最近よく見る夢の話として『炎と森のカーニバル』のことを、歌詞に出てくる情景と合わせて語っているんです。この頃すでにイメージがあったわけですから、“きゃりーを題材”というのはマスコミ向けのリップサービスとしか受け取れません。そもそも歌詞では、魔法使いに『この恋は秘密にしておく』ように忠告されているのに、きゃりーとの関係はまったくのオープンですからね」

 一方、音楽関係者は、この実録マンガのほうに“違和感”があるという。

「マンガは非常に美化されていて、夢を持つ好青年として描かれていますが、実際、15~16 歳頃のFukaseは髪の毛をオレンジ色に染めたヤンキーで、メンバーも『Fukaseはよくケンカしていた』と語っています。友達が一人もいなかったというSaoriも、中2あたりからマイルドヤンキーになり、2人はそのつながりで親密になった」

 エンタテインメントの世界に脚色は付き物だが、感動していたファンは少し損した気分になるかもしれない。

最終更新:2014/12/20 08:00

セカオワFukase「『炎と森のカーニバル』は、きゃりーを題材」発言に“違和感”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る
トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

宇多田ヒカル「First Love」とアジアの“青春”

 私たちの“青春”は、何度でもリプレイされ続ける。  Netflixにて全世界独占配信中のオリジナルドラマシリーズ『First Love 初恋』...…
写真
人気連載

「どん兵衛」と「赤いきつね」が共謀?

 今回は、和風カップ麺ブランドの2大巨頭であ...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真