日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 連載終了  > 今年はこの製品がすごかった! ITライターが本気で勧める「BEST BUY 2014」
ITライター柳谷智宣の「賢いネットの歩き方」番外編

今年はこの製品がすごかった! ITライターが本気で勧める「BEST BUY 2014」

 2014年のデジタルギア業界は、世界を変えるほどの製品は出なかったものの、総じて豊作だった。今回は2014年を振り返って、注目度の高かった製品を紹介する。

 まずはPCから。なんといっても、7月に発売された「Surface Pro 3」に大満足。スペックを見て速攻購入し、ドッキングステーションをアメリカから個人輸入したほど。バリバリと仕事に使い倒しているが、不足なし。タブレット端末だが、専用キーボードのType Coverを一緒に使えばノートPCに。外部ディスプレイ出力で、メインマシンとしても使える。10万円前後から買えるし、コスパはとてもいい。

 インパクトが一番大きかったのが、「iMac Retina 5K」モデル。5,120×2,880ドットというド級の解像度で、新次元の画質を体感できる。画面サイズは27インチで、本体の性能も文句なし。画像や動画の編集にうってつけで、クリエイティブ魂が頭をもたげることだろう。このモデルを手に入れると、デジ一眼や4Kビデオカメラまで欲しくなってしまう。価格は24万円~とお高いが、デルの5Kディスプレイが2,500ドル(約30万円)なので、PC代金分お得ともいえる。

 スマートフォンは、なんといっても「iPhone 6」。良かれあしかれ、格段にサイズアップしたのが話題になった。筆者はソフトバンクとドコモの6を利用(6 Plusがau)しているが、快適に利用できている。iOS 8も最初は不具合があったが、今では解決済み。iPhone 6に慣れきってしまって、すでに5Sの処理速度と画面サイズには戻れなくなっている。iPhone 6をわざと折り曲げてイチャモンをつけているサイトを見たのか、時々知人から相談を受けるが、全く問題なし。一押しだ。


12
こんな記事も読まれています

今年はこの製品がすごかった! ITライターが本気で勧める「BEST BUY 2014」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

酒井萌衣が語る48とアイドル界

 今や、国内だけで300人を超える巨大組織となった48グループ。その公式ライバルとして...
写真